VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[政治]

チン首相、初の外遊終え帰国 ASEAN各国首脳と会談も

2021/04/26 17:37 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 ASEAN首脳会議に出席するためインドネシアを訪問していたファム・ミン・チン新首相は24日夜、就任後初の外遊を終えてハノイ市ノイバイ国際空港に到着した。

 チン首相は23日にインドネシアに到着後、まず同国のジョコ・ウィドド大統領と会見した。両首脳は、二国間経済協力を促進するための方策について討議し、ベトナムの貿易赤字を削減する方向で二国間貿易額を100億USD(約1兆0800億円)に増やすことで一致した。

 両首脳はまた、協力強化や違法漁業の削減、各国間の海上問題の解決モデルの構築、地域の平和維持と発展に向けて、両国間の排他的経済水域(EEZ)の境界に関する交渉を早期に完了することの必要性を主張した。

 チン首相はインドネシア訪問中に、ブルネイのハサナル・ボルキア国王、カンボジアのフン・セン首相、シンガポールのリー・シェンロン首相、マレーシアのムヒディン・ヤシン首相、リム・ジョク・ホイASEAN事務総長とも会見した。

 23日と24日の両日に開かれたASEAN首脳会議でチン首相は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が続く中でASEAN加盟国における平等なワクチンの提供メカニズムを確保する必要があるとし、「ASEAN医療緊急事態・新興感染症センター」を発足し、ベトナムに同センターを設置することを提案した。

 また、チン首相はミャンマー問題について、ベトナムはミャンマーの内政を尊重しているとした上で、ミャンマーが困難を乗り越えられるようASEANが支援していくことを支持すると述べた。 

[VOV 19:09 25/04/2021 / Tuoi Tre 11:03 25/04/2021 / Lao Dong 09:24 25/04/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる