VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[三面]

ホーチミン:外国人向けカラオケ店の「レディー」達

2012/02/01 11:35 JST更新

(C)Tuoi tre,TVN
(C)Tuoi tre,TVN
 ホーチミン市中心街には外国人向けのカラオケ店が50軒近くあり、そこで客のお相手をするホステスは「レディー」と呼ばれている。客の大半は、韓国人、台湾人、日本人、中国人、シンガポール人などアジア系だ。30日付トゥオイチェー紙(電子版)が報じた。  1区ファムグーラオ通りの「ジー」では、午後8時には30人以上のレディーが客を迎える準備を整えている。客が到着すると、マネージャーから「夜のお付き合い」ができる者は右側に、できない者は左側に並ぶよう指示される。客はじっくり品定めして指名する。  3区ファムゴックタック通りの「ミジ」はカラオケ用の個室が10部屋しかないが、70人以上のレディーがいる。レディーの採用条件は、スタイルが良いことと「夜のお付き合い」ができることで、採用されると挨拶程度の韓国語、日本語、英語の訓練を受ける。  同市社会悪防止支局によると、こうした店はベトナム人名義で営業許可が取られているが、そのほとんどは外国人(主に韓国人や日本人)が資金を出して営業しているという。  

[Tuoi tre online, 30/01/2012, 10:07 (GMT+7), O ]
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる