VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[三面]

老化病の女性が30歳で死亡、11年に日本メディアで話題

2015/08/21 13:09 JST更新

(C) vnexpress, 18歳のフオンさん(左)と22歳のフオンさん(右)
(C) vnexpress, 18歳のフオンさん(左)と22歳のフオンさん(右)
(C) vnexpress, フオンさん(右)と夫のトゥエンさん(左)
(C) vnexpress, フオンさん(右)と夫のトゥエンさん(左)
 当時26歳にして老婆のように老化してしまった女性として2011年に国内外のメディアで取り上げられたグエン・ティ・フオンさんが19日午後、メコンデルタ地方ベンチェ省の自宅で死亡した。30歳だった。  老化病の発病から約8年にわたりフオンさんを支え続けてきた夫のグエン・タイン・トゥエンさんによると、フオンさんは重い胃潰瘍を患い、ホーチミン市で何度も治療を受けたが回復しなかったという。直接の死因はまだ明らかにされていない。  フオンさんは1985年生まれ。かつては町で評判になるほどの美貌の持ち主だった。しかし2007年、顔と手に痒みが現れて薬を飲んだところ、顔が大きく膨らみ皮膚がでこぼこし、急激に老化してしまった。  2011年末、フオンさんはホーチミン市医薬大学病院で2か月にわたり治療を受け、老婆のようだった皮膚はおよそ30%若返った。フオンさんの奇病は日本を含む海外メディアでも大きな話題となった。 

[Thien Chuong, VNExpress, 20/8/2015 | 10:05 GMT+7, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる