VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[三面]

ハノイ:女子大生を強姦・殺害の男に死刑判決、ポルノに熱中

2019/08/12 05:33 JST更新

(C) saostar
(C) saostar
 ハノイ市ドンダー区オーチョズア街区(phuong O Cho Dua)の路地にある貸し部屋の一室で2018年6月、ハノイ市の劇場映画大学に在籍していたD・T・C・Tさん(女性・当時23歳、東北部地方クアンニン省出身)が強姦・殺害された事件で、同市人民裁判所は9日、グエン・アイン・トゥー被告(男・36歳、ドンダー区ハンボット街区(phuong Hang Bot)在住)に死刑の判決を言い渡した。

 強姦・殺人・強盗の罪に問われていた同被告は、罪状を認めた上で反省の意を示して死刑の判決を受け止め、「私の犯した罪が社会の教訓になれば」と述べた。

 起訴状によると、Tさんはトゥー被告が住んでいた貸し部屋を借りようとこの住宅を訪れた際、同被告にレンガで殴られ部屋に引きずり込まれた。同被告はTさんの首を絞めて複数回にわたって強姦した後、そのままTさんを抱きながら一夜を過ごした。

 翌日になってTさんが死亡しているのを発見したため、バイクやネックレス、財布を盗んで現場から逃走した。検死の結果、Tさんは外傷性脳損傷で死亡していたことが確認された。

 グラフィックデザインの講師として働いていたトゥー被告は、ポルノコンテンツに熱中していたという。取調べでは「(Tさんが)美人だったため強姦したくなった」と供述している。 

[Saostar 9/8/2019, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる