VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[三面]

偽ゴールド男に禁固12年の判決 自身のカラオケ店で客の麻薬使用容認

2020/06/19 13:19 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 ホーチミン市12区にあった人気のカラオケ店「XOファラオーン(XO Pharaon)」で客らが違法薬物を使用していた事件で、同市人民裁判所は17日、事件に関与した被告8人に有罪判決を下した。

 同店のオーナーで主犯格のチャン・ゴック・フック被告(男・37歳、ニックネーム:フックXO)は、違法薬物の使用を容認した罪に問われ、禁固12年の判決を言い渡された。これに加え、裁判所は同被告に対し、5000万VND(約23万円)の罰金を科すとともに、同被告が違法行為で不正に得ていた利益6億VND(約276万円)を没収することを決定した。

 また、同店のスタッフなど他の被告7人には禁固7~8年の判決がそれぞれ言い渡された。起訴状によると、被告らは2018年11月から店内で客の違法薬物使用を容認し、薬物吸引の際に使用するストローや皿なども貸し出していた。

 これに先立ち警察は2019年4月、同店の立ち入り検査を実施。その結果、大量の違法薬物を押収し、麻薬使用の疑いで店内にいた男女約100人を一時拘束した。

 フック被告は常に派手なゴールドの装飾品を身につけ、「ベトナムで最も多くのゴールドを身につける男」として知られていた。同被告が所有するゴールドのアイテムには、ゴールドめっきの高級車や、巨大なネックレス、指輪、キャップなどがあったが、逮捕後にいずれも偽物だったことが判明している。 

[VnExpress 12:44 17/6/2020 U]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる