VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[三面]

コンクリ詰め遺体事件、主犯格に死刑求刑 日本就労経験も

2020/06/29 06:01 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 東南部地方ビンズオン省にある民家で2019年5月に樹脂性給水タンク2本からコンクリート詰めされた人間の遺体が見つかった事件の裁判が25日に始まった。

 同省人民検察院は26日、被告の女4人に対する求刑を発表し、殺人罪に問われている主犯格のファム・ティ・ティエン・ハー被告に死刑を求刑した。

 殺人罪や犯人蔵匿罪に問われている別の被告3人について、ハー被告の母親であるチン・ティ・ホン・ホア被告は禁固13~15年、レ・ゴック・フオン・タオ被告は禁固22~23年、グエン・ゴック・タム・フエン被告は禁固19~21年を求刑された。

 主犯格であるハー被告は英語、中国語、日本語が堪能で、日本で働いたことがあり、ホーチミン市10区にある有名なカフェを営んでいた。被告4人は新興宗教のメンバーで、ハー被告の指導のもとで修行していた。今回の事件で犠牲になった男性2人はこの4人と一緒に修行していた仲間だった。

 捜査結果によると、6人は東南部地方バリア・ブンタウ省にあるヴィラを借りて修行していた。しかし、過酷な修行に耐え切れなかったチャン・ドゥック・リンさん(51歳)がヴィラから逃げようとしたところ、高所から転落し、ハー被告らからも暴行を受けて死亡した。

 ハー被告らはその後、リンさんの遺体を事件現場の民家に移し、腐敗防止のために遺体を給水タンクに入れ、表面をセメントで塗り固めた。

 グループはその後も民家で修行を続けていたが、唯一の男性メンバーとなったチャン・チー・タインさん(28歳)が被告らの就寝や入浴を覗き、断食に関する規定も守らなかったためとして、ハー被告らがタインさんを電気ショックで気絶させた上、紐で首を絞めて殺害し、給水タンクに遺体をコンクリート詰めにした。 

[VnExpress 15:02 26/6/2020 / NLD 08:27 26/06/2020, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる