VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[三面]

ハイフォン:80歳男が隣人に硫酸浴びせる 燃やした冥器の灰が引き金に

2020/09/03 13:13 JST更新

(C) thanhnien
(C) thanhnien
 北部紅川デルタ地方ハイフォン市レチャン区ラムソン街区(phuong Lam Son, quan Le Chan)にある民家前で30日午後6時ごろ、高齢の男が隣人の中年男性に硫酸を浴びせかけ、重度の火傷を負わせる事件が発生した。

 被害を受けたのは、V・B・Nさん(46歳)。Nさんに硫酸を浴びせかけたのは隣に住む親子ほど年の離れた「タイン」という老人(80歳)だった。地元住民によると、隣家同士だった2人の間には数年前からトラブルが発生していたという。

 Nさんはお盆に当たる旧暦7月15日の夜、先祖の霊を供養するため、紙製の冥器を燃やしていた。その際、灰がタイン容疑者宅まで飛散。些細なことだが、以前からNさんに恨みを抱いていたタイン容疑者はこれに逆上し、硫酸の入った容器を手に持ってNさんの顔面に向け硫酸を浴びせかけた。

 これにより、Nさんは顔面や目、胸部、腹部、手足など身体の25%に火傷を負った状態でベトティエップ病院(Viet Tiep Hospital)に救急搬送された。応急処置を施された後、ハノイ市の国家熱傷病院(National Institute of Burns)に転送され、現在も集中治療を受けている。

 なお、タイン容疑者は犯行後、セオム(バイクタクシー)に乗って同区警察に向かい自首した。同容疑者は一人暮らしの気難しい老人で、近所付き合いは殆どなかったという。 

[Gia Dinh 11:11 31/8/2020 / Thanh Nien 10:53 31/08/2020 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる