VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[三面]

ホーチミン:繁殖した猿の群れが住宅地を我が物顔で徘徊

2021/01/14 02:01 JST更新

(C) VnExpress
(C) VnExpress
 ホーチミン市12区タインスアン街区の住宅地では最近、猿の群れが出没し、食べ物が盗まれたり、鉢植えが破壊されるなどの被害が相次いでいる。

 同街区の民家で飼育されていたオスとメスの猿2匹が檻から脱走し、運河の土手に住み着いて繁殖。現在、約10匹から成る猿の群れが住宅地を徘徊するようになっている。もともと飼育されていたためか、人間を恐れず、住民らに追い出されても怖がる様子がないという。

 ホーチミン市森林警備隊によると、この猿たちは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの保全状況で「低懸念(当面絶滅のおそれなし)」に指定されている「カニクイザル」とみられる。

 森林警備隊は住民に対し、自分で捕獲を試みるなどして猿の群れを刺激しないよう呼びかけると共に、猿が出没した場合は専門機関に連絡するよう求めた。 

[VnExpress 13:10 12/1/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる