VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ダクノン省:ムノン族の雨祭りを復興

2014/08/09 06:48 JST更新

(C) nhandan
(C) nhandan
 南中部高原地方ダクノン省文化観光指導委員会はこのほど、同省トゥイドゥック郡人民委員会の協力を得て、長い間忘れ去られていたムノン族の「雨季入りの雨祭り」を復興した。祭りの復興は、少数民族の文化的価値の保存・発展と、同省を訪れる観光客の誘致を目的としたもの。  ムノン族の観念では、雨季入り後に初めて降る雨は「毒の雨」であるため、儀礼を執り行って解毒する必要があるという。供物として、カン酒(Ruou can=少数民族の酒)、豚の生き血、豚肉、卵、石炭、ウコン、バナナなどが並べられる。また、儀礼後4日間は、人々は村から出ることが許されない。  この祭りは、ムノン族の精神生活に大きく影響する重要な伝統儀礼であり、「人」と「自然」を結び付けるとともに、平和と繁栄を祈る機会ともされている。 

[Cong Ly - Duc Hung, Nhan Dan, 03:54 (GMT+7) 06/08/2014, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる