VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ホーチミン:中心部で外国人御用達の売春施設を一斉摘発

2014/10/17 15:29 JST更新

(C) vov
(C) vov
 ホーチミン市警察は15日午前1時ごろ、同市1区ベンゲー地区にあるレストラン3か所及びホテル1か所の一斉立ち入り検査を実施し、外国人をターゲットとした大規模な売春ルートを摘発した。同時に、売春行為や売春仲介などに関わった容疑で34人の身柄を拘束した。  今回立ち入り検査が行われたのは、レストラン「ハイチエム(Hai chi em)」(ドンズー通り44番地)、「シノバー(Sino Bar)」(ドンズー通り13番地)、「ニップディエウ(Nhip Dieu)」(ティーサック通り6B番地)、及びホテル「ホワイトロータス(White Lotus)」(ティーサック通り6A番地)の計4か所。警察は8月からこれらの施設を監視しており、売春ルートの全貌が掴めたため、摘発に踏み切った。  ホテルを立ち入り検査した結果、売春行為を働いていた男女2組を発見、現行犯逮捕した。買春客はいずれも外国人だった。レストランの従業員らは客の要望に応じて売春サービスを行い、ベトナム人と越僑を除く外国人客を相手にするため、ある程度の外国語能力を有している。  レストランにはそれぞれ7~10人の従業員兼売春婦が待機しており、客はこの中から気に入った女性を選び、ホテルへ連れ出していた。なお、1回につき100USD(約1万0600円)、仲介料40万~60万VND(約2030~3050円)で売春を行っていたという。 

[Dan Tri等, 17:34 (GMT+7) 15/10/2014, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる