VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ホーチミン:ドンコイ通り地下に眠る150年前の下水道を取り壊しへ

2015/05/26 06:39 JST更新

(C) vnexpress, ドンコイ通り地下の下水道
(C) vnexpress, ドンコイ通り地下の下水道
 ホーチミン市冠水防止管制センター(SCFC)は、フランス植民地時代に敷設された市内中心部の地下下水道約100kmを取り壊し、新たに設置し直す計画を明らかにした。2016年第1四半期にも着工する予定だ。  アーチ形をしたレンガ造りのこの下水道は、1870年にフランスによって敷設されたもので、1世紀半もの歴史を持つ。最も広い部分で幅2.4m・高さ1.8m、最も狭い部分で幅0.5m・高さ0.5mとなっており、主に1区の中心部や5区及び6区のチョロン地区などの地下に続いている。  この下水道は老朽化が進んでおり、既に排水機能を失っている上、亀裂が地盤沈下を引き起こす可能性も高い。特に、1区ドンコイ通りのレタントン通り~トンドゥックタン通り区間の地下を通る下水道は、レンガやモルタルが崩壊している部分が多く、同通りの地盤沈下の原因となっている。  これに先立ち、同センターは臨時の対策として崩れた部分を修繕したが、持続的な安全性を確保するため、下水道を新たに設置し直すことを決めた。 

[VNExpress, 15:24 (GMT+7) 22/5/2015, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる