VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

お盆控え、冥器産業は繁忙期―「おしん」もお供え物に

2018/08/10 06:58 JST更新

 8月25日のお盆(旧暦7月15日)を控え、冥器を専門に製造するハノイ市トゥオンティン郡ズエンタイ村フックアム村落は、冥器を調達する流通業者で賑わっている。



 ベトナムでは、お盆だけでなくテト(旧正月)や故人の命日などに紙製の冥器を捧げて供養する習慣がある。



 以前は紙幣や紙製の衣服、履物などが主流だったが、近年では紙製の液晶テレビや洗濯機、磁気調理器などの家電製品、剃刀などの日用品、ジュエリーのほか、携帯電話などの「ハイテク機器」、高級スクーター、自動車、一軒家などがピンからキリまで登場し、人気を集めている。



 中でも「おしん」と呼ばれる家庭のお手伝いさんまでもが紙製のお供え物となり、目玉商品となっている。一軒家、自動車、洗濯機、エアコン、衣服、紙幣、「おしん」を含めたセットは約1000万VND(約4万8000円)で販売されている。



 一軒家の冥器にはもちろん「住宅所有証明書」が付いており、この「住宅所有証明書」に故人の氏名や生年月日、命日などを記入して燃やせば、「一軒家」はあの世の送り先まで届くという。



 こうした中、ベトナム仏教協会は、冥器を捧げて供養する習慣は仏教の儀礼ではないとして、同協会傘下の仏教寺院における冥器の使用を禁止するほか、信徒に対して冥器を使用しないよう呼びかけている。 

[Vietnamnet, 08/08/2018 05:03 GMT+7, A]
© Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる