VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

スクールバスに9時間置き去り、6歳男児が死亡―入学2日目

2019/08/08 06:20 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 ハノイ市の小中一貫校で6日、スクールバスに乗って登校した6歳男児がバスの中に9時間置き去りにされる事故が発生した。男児は午後4時30分の下校時間に教員によって発見されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 事故が起きたのは、カウザイ区にある小中学校「ゲートウェイ・インターナショナル・スクール(Gateway International School)」(89 Khuc Thua Du, phuong Dich Vong, quan Cau Giay, TP. Ha Noi)。

 小学1年生のL・H・L君(同区在住)は、スクールバスでの送迎で同校に通学していた。事故が起きたのは入学してわずか2日目のことだったという。父親の話では、事件当日の午前6時55分ごろにL君を送り出したが、午後4時半ごろに連絡を受けてE病院に駆けつけた時には、L君は既に息を引き取った後だった。

 スクールバスは16人乗りの小型バスで、運転手と生徒管理担当者、L君を含む生徒13人の計15人が乗っていた。L君は車内の奥の座席に座っていた。運転手と生徒管理担当者はこの日、生徒を学校へ送り出した後にバスの車内を確認することもなく、車両のドアを施錠した。

 L君は車内に置き去りにされたまま9時間、誰にも気づかれなかった。担任の教員は出欠確認の時にL君がいないことに気づいて保護者連絡システムに報告したが、学校側は保護者にL君が出席していないことを通知しなかった。これについて同校のチャン・ティ・ホン・ハイン理事長は、「保護者連絡担当者が休暇中だったため」と説明している。

 同日午後4時ごろ、生徒の帰宅時間の準備をしていた生徒管理担当者が運転席の後ろで倒れているL君を見つけた。L君は意識不明の状態で同校の保健室で応急処置を施された後、E病院に救急搬送された。しかし、同病院によると、病院に搬送される前に死亡していたという。

 L君の父親は、「学校側は嘘を付いていた。病院に駆け付けた時には息子は既に硬直した状態で、身体のぬくもりも消えてしまっていた」と訴えた。L君は一人っ子だった。

 検死の結果、L君の頭部に3×2cmの皮下血腫がみられたほか、食道は空っぽで気管支からは大量出血し、心筋も損傷していたことが確認された。

 同校は外部業者に生徒の送り迎えを委託しており、事故が発生したスクールバスも外部業者が保有しているものだった。

 警察は運転手や生徒管理担当者、担任教員など関係者の事情聴取を行うなどして捜査を急いでいる。関係者は過失致死罪で送検されるとみられている。 

[Vnexpress 21:35 6/8/2019, zing 20:46 06/08/2019, kenh14 00:05 07/08/2019 09:09 07/08/2019, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる