VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

生まれてすぐにフランス人の養子になった女性、SNSで産みの母と再会

2019/09/10 06:01 JST更新

(C) THANH NIEN
(C) THANH NIEN
 ベトナム系フランス人のバージニー・パリゾットさんは、出生直後から22年間生き別れになっていた産みの母親を探すことを決意し、フェイスブック(Facebook)で情報提供を呼び掛けた。すると投稿後すぐに情報が寄せられ、母娘はテレビ電話で再会を果たした。

 バージニーさんは1997年12月24日にホーチミン市フンブオン病院で産声を上げ、レ・ティ・リエンと名付けられたが、直後にフランス人夫妻の養子となった。産みの母親レ・ティ・ラックさんの人民証明書の写真をフェイスブックに投稿すると、瞬く間に拡散されると共に母娘の再会を願う声が多数寄せられた。

 すると、ラックさんの親族だと名乗り出る人が現れ、バージニーさんとフェイスブックを介して対面した。さらに警察当局の助けもあり、ラックさんは人民証明書に記載されたホーチミン市6区ビンティエン(Binh Tien)通りの住所から引っ越し、現在は8区ホアイタイン(Hoai Thanh)通りに住んでいることが明らかになった。

 当時ラックさん夫妻は2人の娘と6区に住んでいたが、立ち退きに遭い8区に引っ越したという。ラックさんは、経済的に苦しいなか、三女となるバージニーさんを身ごもった。そしてバージニーさんを出産したが、やむを得ない理由で手放すこととなった。

 「昔は本当に貧しくて私は読み書きもできませんでしたし、家族計画も何もありませんでした。病院で出産したものの入院費を工面できず、病院を抜け出そうと思っていたところに子供を望んでいるフランス人夫妻がいると聞いたんです」とラックさん。

 情報を得たフランス人夫妻はすぐにラックさん夫妻の元を訪れて、入院費を肩代わりし3日後にバージニーさんを迎えに来た。1週間で諸所の手続きを終え、バージニーさんはフランス人夫妻の養子となった。この時ラックさんにできることはレ・ティ・リエンと名付け出生届を出すことだけだったという。ラックさんはその後新たに2人の子供を授かった。

 養子縁組の手続きの際にフランス人夫妻の住所を渡されたが、先々のことを考える余裕もなく文字も読めないラックさんはその紙を保管するしかなかった。8区に引っ越して以降も、風の便りで古い住所宛てに手紙が届いたという話は聞いたことがあった。しかし文字も読めなければ受け取りに支払うお金もなかったラックさんは、何もしなかった。

 「もし願いが叶うなら、この胸に娘を抱き一言謝りたいです。そして私たちが一番苦しい時に助けてくださったフランス人のご両親にも感謝の言葉を伝えたいです」とラックさんは声を詰まらせながら想いを語った。 

[THANH NIEN 09:10 04/09/2019, T]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる