VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

フェイクニュース拡散で罰金処分、新型コロナ背景に多発―芸能人も

2020/02/13 06:14 JST更新

(C) zing
(C) zing
 ホーチミン市情報通信局は、新型コロナウイルスに関する虚偽の情報をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散したとして、芸能人3人にそれぞれ1000万VND(約4万8000円)の罰金を科した。

 罰金を科されたのは、男性歌手ダム・ビン・フン(Dam Vinh Hung)、女優ゴ・タイン・バン(Ngo Thanh Van)、女性コメディアンのカット・フオン(Cat Phuong)の3人。3人はSNS上のインフルエンサーとして世間に与える影響力も大きい。

 ダム・ビン・フンは1月26日、SNSで「新型コロナウイルスに感染しチョーライ病院に入院中の中国人2人が死亡した」という虚偽の情報を拡散した。カット・フオンも同日、SNSで「新型コロナウイルス患者は1区に行き、3区、5区、7区にも行った」と投稿し、安全のために「AIR+マスク」を購入・使用するよう促した。ゴ・タイン・バンは続く1月31日、SNSで新型コロナウイルスの流行中にも武漢~ベトナム間の路線を運航する航空会社の情報を投稿した。

 しかし、いずれも虚偽の情報だったため、3人は謝罪すると共に、同市情報通信局との話し合いに臨み、違反を認めた。同局は、3人に悪意がなく、違反を素直に認めたとして、罰金枠(1000万~1500万VND=約4万8000~7万2000円)の最低額を適用した。

 当局は、インターネットで虚偽の情報を拡散した人々の処分を強化している。北部紅河デルタ地方ビンフック省警察は11日、新型コロナウイルスに関する虚偽の情報をSNSに投稿した4人に計4250万VND(約20万3000円)の罰金を科すことを決定した。

 西北部地方ディエンビエン省警察も、SNSに虚偽の情報を投稿したとして4人を召喚し、行政処分を科す方針を明らかにした。このうち1人は「生まれたばかりで喋れる赤ちゃんが言った。世界は破滅する。ゆで卵を食べればこの苦難を乗り越えられる」、別の1人は「もう終わりだ。自分は新型コロナウイルスに感染してしまった。隔離措置が必要だ」と投稿した。 

[Zing 11:36 12/02/2020 / VnExpress 17:45 11/2/2020, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる