VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ベトナム経由で帰国の日本人、新型コロナ感染確認―名古屋~ホーチミン線の乗客ら71人隔離

2020/03/04 23:15 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)の航空機でカンボジアからベトナムを経由して日本に帰国した三重県在住40代の日本人男性が、中部国際空港(セントレア)の検疫所で新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることが確認された。この男性は日本時間4日13時30分ごろに新型コロナウイルス陽性と判明し、愛知県内の医療機関に搬送された。

 ベトナム保健省の情報によると、この男性は3日にシェムリアップ発ホーチミン行きVN814便(座席33D)でホーチミン市タンソンニャット国際空港に到着し、翌4日午前1時19分(ベトナム時間)出発のホーチミン発名古屋行きVN340便(座席2C)で日本に帰国した。

 保健省によると、この男性はタンソンニャット国際空港の外には出ていないが、3日22時30分ごろにビジネスクラスラウンジに立ち寄ったという。

 男性が搭乗していたVN340便の乗務員は、折り返しの名古屋発ホーチミン行きVN341便でそのままベトナムに戻り、4日13時55分にタンソンニャット国際空港に到着した。VN341便には乗客73人と乗務員12人が搭乗していた。

 VN341便がタンソンニャット国際空港に到着した後、乗客73人のうち51人(うち子供1人)と乗務員12人、グランドスタッフ8人が隔離施設に移された。残る乗客22人はマレーシアおよびカンボジア、ミャンマーへ乗り継ぐ予定で、別途隔離された。

 このほか、感染者の男性およびVN341便のグランドスタッフと接触があったとして、空港のセキュリティスタッフ2人とビジネスクラスラウンジスタッフ4人も隔離された。

 日本人男性のカンボジアでの動きについては、ベトナムと日本の当局が協力して調べている。保健省は、この男性はベトナムを経由しただけで接触も限られているとしながらも、警戒を高めて男性が搭乗していた便の全ての乗客・乗務員と、男性と接触のあった空港スタッフに隔離措置を適用した。

 日本の厚生労働省によると、この男性は2月16日に日本を出発し、ベトナム経由でカンボジアへ渡航。21日にフィリピンへ移動した。28日から再びカンボジアへ移動し、4日にタンソンニャット国際空港経由で日本に帰国した。

 男性は2月21日ごろから体熱感があり、3月2日には痰や息苦しさを自覚。3日に現地の病院を受診したが経過観察といわれ、4日に中部国際空港に到着後、息苦しさや咳などの症状で検疫所の健康相談室を自主的に訪れた。検疫所の医師が診察した結果、新型コロナウイルスの疑いがあるため検査を実施したという。

 なお、4日午後の時点で日本国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は1001人、死者は12人となっている。 

[Tuoi Tre 18:22 04/03/2020, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる