VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

脳腫瘍で死亡し角膜を提供した少女の実話、短編映画に

2020/06/05 06:01 JST更新

(C) Vnexpress
(C) Vnexpress
 2018年2月に脳腫瘍により7歳の若さで亡くなり、角膜移植を希望する患者2人に角膜を提供したハイ・アンちゃんの実話を基にしたショートフィルム「Dieu Con Chua Noi(あなたが言わなかったこと)」が1日に発表された。

 アンちゃんの母親で医師でもあるズオンさんは、献体について社会に広く理解を深めて欲しいという想いから、アンちゃんの物語を映画にすることを決意した。その意思を受けて、製作会社がショートフィルムを制作した。上映会では、多くの観客が幼い少女の決意や母親の想いに涙を拭った。

 アンちゃんは当初、脳腫瘍の治療を受けていたが、助かる見込みが少なく厳しい状況にあった。その中で、ズオンさんはアンちゃんに献体について話をしたことがあったという。

 幼いながらに献体の大切さを理解したアンちゃんは、自らの献体を希望し、18歳未満にも認められている角膜の提供を決意した。アンちゃんの角膜は、患者1000人の中から移植に適した2人に提供された。

 最愛の娘を失って2年が経った現在もズオンさんの悲しみや孤独は消えない。しかし、アンちゃんの写真やビデを見返したり、生前にiPadのメモ機能に書き記した数々の愛情溢れる言葉を毎晩読み返しては気持ちを奮い立たせているという。

 「お母さん、お野菜たくさん食べてお水もたくさん飲んでね。睡眠薬は使わないでね」、「お母さん大好き、お母さん笑って」、「お母さん大好き、お母さん幸せでいてね」。アンちゃんが生前、ズオンさんに秘密で記した言葉だ。

 「娘への想いや悲しみに孤独がなくなることはありませんが、娘が残した言葉を胸に、たくさんの人に幸せをもたらしたいという娘の遺志を継いで前に進むだけです」とズオンさんは語る。

 

[Vnexpress 16:10 2/6/2020 / ione 20:22 2/6/2020,T]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる