VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ホーチミン:ジフテリア感染確認、20歳男性 接触者16人を隔離

2020/06/29 03:19 JST更新

(C) plo
(C) plo
 ホーチミン市で、危険な感染症の1つであるジフテリアの感染が確認された。ジフテリア菌の検査で陽性と判明した20歳の男性は、同市ゴーバップ区にある国防省傘下の第175軍隊中央病院(通称:第175病院)で治療を受けている。同病院の責任者が25日、明らかにした。

 この男性は9日前に喉の腫れや発熱などの症状で入院して治療を受け、容態は安定している。男性と接触があった16人が自宅での隔離措置を受けており、薬も投与されているという。

 これに先立ち、南中部高原地方ダクラク省でも12人の感染が確認され、このうち1人が死亡、1人が重症で集中治療を受けている。

 ジフテリアは上気道の粘膜感染症で、ベトナムではBレベルの感染症に分類されている。ジフテリアワクチンは既に国家予防接種プログラムに導入されており、新生児はいずれも接種を受けることになっている。 

[Vnexpress 22:02 25/6/2020, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる