VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

新型コロナ、ベトナム入国の外国人専門家ら陽性 感染者1109人に

2020/10/12 15:53 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 保健省の7日午後から12日午前までの発表によると、外国人専門家7人を含むベトナムへの入国者11人が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。ただし、市中感染は40日連続でゼロ人となっている。

 12日午前6時の時点でベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は1109人、死者数は35人。感染者のうち92.3%にあたる1024人が回復済み。

 新規感染者11人のうち4人はベトナム人で、ロシア(2人)、オーストラリア(1人)、英国(1人)からベトナムに入国し、隔離中の新型コロナウイルス検査で陽性と判明した。

 7人の外国人専門家は、インド人6人とドイツ人1人。インド人専門家の6人はいずれも同じ便でインドから6日にホーチミン市タンソンニャット国際空港に到着した。うち5人はセティア・ヘムラジ・ライスオイル(Sethia Hemraj Rice Oil)に勤務する専門家で、入国後に南部メコンデルタ地方ドンタップ省の隔離施設へ移り、7日に検査を受けて陽性と判明。残る1人は勤務先が所在する東南部地方ドンナイ省で隔離措置を受け、10日の2回目の検査で陽性となった。

 また、ドイツ人専門家はドンナイ省勤務で、ドイツのフランクフルトから8日にタンソンニャット国際空港に到着し、1区ベンゲー街区で隔離措置を受けていた。9日に検査を受け、陽性と判明した。 

[Tuoi Tre 06:43 12/10/2020 / Bo Y Te 18:00 11/10/2020, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる