VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

5歳女児が首を吊って死亡 YouTubeで観た「ハングマン」を真似

2020/10/19 05:27 JST更新

(C) kenh14
(C) kenh14
 ホーチミン市で12日、5歳の女児がYouTubeで観た「ハングマンゲーム」を真似して寝室で実際に首を吊り、死亡する事故が発生した。保護者が目を離した僅か3分間の出来事だった。

 事故で死亡したのは、同市タンフー区在住のDちゃん。女児の伯母は16日、地元紙の取材に応じて、YouTubeの「ハングマンゲーム」を真似したDちゃんが12日昼に死亡したと語った。

 事故発生時、両親は働きに出ており、Dちゃんは祖母と一緒に家にいた。しかし、祖母が少し目を離したすきに、Dちゃんは寝室の2段ベッドでシフォン布を使って自ら首吊りを試みたとみられる。発見時には既にDちゃんの意識はなく、家族が急いで市内の第1小児病院に連れて行ったが、4時間にわたる懸命な治療の甲斐もなく、女児は息を引き取った。

 女児の伯母によると、Dちゃんは日頃からYouTubeで色々な動画を視聴しており、何度か暴力的な内容を含む動画を観ているのを家族が発見して、Dちゃんに注意したことがあるという。

 なお、同市では昨年末にも、同じようにYouTubeを観て首吊りを真似した当時8歳の男児が重体に陥るという事故が発生している。 

[16/10/2020 14:57 GMT+7 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる