VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

阮朝タインタイ帝の孫、57歳で死去 貧困暮らしの末

2021/01/13 03:26 JST更新

(C) vietnamnet
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet
 阮(グエン)朝(1802~1945年)第10代皇帝タインタイ(Thanh Thai=成泰)帝(在位1889~1907年)の孫にあたるグエン・フオック・バオ・タイ(Nguyen Phuoc Bao Tai)さんが、2020年12月末に死去していたことがわかった。57歳だった。

 12月28日、タイさんの故郷である南部メコンデルタ地方カントー市フォンディエン郡ニョンギア村(xa Nhon Nghia, huyen Phong Dien)の自宅で葬儀が行われた。

 妻のグエン・ティ・ビック・トゥイさん(49歳)によると、タイさんは長年にわたり糖尿病を患い、関節痛にも苦しんでいたという。亡くなる前の約3か月間は日に日に体調が悪化し、ホーチミン市のビンタン区病院に通いながら薬を服用していた。

 トゥイさんは、「夫は亡くなる2週間前に通院先のビンタン区病院で意識を失い、その後ファムゴックタック病院に移送されました。医師の診断によると、肺膿瘍、糖尿病、高血圧、腎不全とのことでした」と言葉を詰まらせた。タイさんは入院してから一言も発することなく亡くなったが、最期の瞬間にはトゥイさんの手をしっかりと握ったという。

 タイさんの父親のビン・ジウ(Vinh Giu)皇子はタインタイ帝の7番目の子供で、阮朝第11代皇帝ズイタン(Duy Tan=維新)帝(在位1907~1916年)の弟にあたる。

 タインタイ帝一家がインド洋のレユニオン島での流刑から31年ぶりにベトナムへ帰国した後、ビン・ジウ皇子はフランス人によりカントー市へ連れて行かれ、橋や道路の土木工事に従事させられた。タイさんはビン・ジウ皇子の7人の子供のうち末子にあたり、幼少期から貧困の中で育った。

 タイさんとトゥイさんの間に生まれた娘は脳性まひを患っている。タイさんはバイクタクシーの運転手などをしながら家計を支え、娘の治療のためにホーチミン市に出てからは、夫婦で建設労働者として働いた。その後、タイさんは体調の悪化により再びバイクタクシーの運転手を始めたが、仕事を続けることができなくなり、自宅で娘の面倒を見ていた。

 「夫の生前の夢は娘の世話をすることでした。夫が亡くなった今、私たち親子はどうやって生きていけばよいのかわかりません。私はバイクも運転できませんし、子供を学校に連れて行くこともできません。私には泣きじゃくる娘を抱きしめることしかできません」とトゥイさんは語った。 

[Vietnamnet 13:29 28/12/2020, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる