VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ホーチミン、新型コロナ自動検査システムを導入 2時間半で判定可

2021/02/22 06:03 JST更新

(C) Tuoi Tre
(C) Tuoi Tre
 ホーチミン市疾病管制センター(HCDC)は17日、ベトナム祖国前線委員会ホーチミン支部を通してPCR検査用自動測定装置「コバス(Cobas)4800システムv2.0」を受け取った。

 今回ホーチミン市で初めて導入された同装置は、不動産会社フンティングループ(Hung Thinh)が寄贈したもので、価格は約53億VND(約2440万円)。これに先立ち、同グループは昨年末、疫病と最前線で戦う医療従事者を支援すべく、20億VND(約920万円)をHCDCに寄付していた。

 同装置は一度に96のサンプルを検査可能で、約2時間半で検査結果を得られる。これにより、現在の新型コロナ検査工程の30~40%が短縮可能になるだけでなく、検査が装置で自動化されることで感染リスクの軽減にも繋がる。 

[Tuoi Tre 20:48 17/02/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる