VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

韓国語とドイツ語、小3からの「第1外国語」で選択可能に

2021/03/05 14:27 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 教育訓練省は決定第712号/QD-BGDDTを発出し、この中で韓国語とドイツ語を「第1外国語」として認定した。同決定は2月9日付で発効している。

 一般教育機関で韓国語とドイツ語が第1外国語として導入されることになり、小学3年生から高校3年生までの期間に、この2つの外国語教育を試験的に行うことが決まった。韓国語とドイツ語はこれまで「第2外国語」に認定されていた。

 「第1外国語」は必須科目という位置づけにあるが、現状は複数の「第1外国語」の中から選択できる。また、生徒は学校の事情に合わせて任意で「第2外国語」を学ぶことも可能。

 なお、現在「第1外国語」として認定されているのは、新たに加わった韓国語とドイツ語のほか、◇英語、◇ロシア語、◇フランス語、◇中国語、◇日本語の計7言語がある。しかし、英語以外の外国語教育を行う学校は非常に少ないのが現状だ。 

[Tuoi Tre 10:23 04/03/2021 / VnExpress 09:54 4/3/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる