VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

雨季の足音迫るホーチミン、今年も運河で魚が大量死

2021/04/07 02:17 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 このところまとまった雨が降るようになり、雨季に差し掛かかりつつあるホーチミン市。2日と4日の両日には猛暑の中で大雨が降り、同市を流れるニエウロック・ティゲー運河で、同運河に生息する魚の大量死が発生した。同運河では、例年同様の現象が起きている。

 大量の魚の死骸が水面に浮かんで悪臭を放っていたため、当局は魚の死骸の回収と処分を急いでいる。5日までに回収した魚の死骸は14tに達しており、死んだ魚のほとんどがティラピアやコイなどだった。

 魚の大量死は、急な大雨で下水道や住宅地から大量の廃水やゴミが運河に流れ込んだことや、運河の底に溜まっていた有毒ガスが拡散したことが原因と見られている。

 ニエウロック・ティゲー運河は、タンビン区~フーニュアン区~3区~ビンタイン区~1区を流れる全長8.7kmの運河。かつては汚染がひどく「悪臭の漂う運河」と呼ばれていたが、浚渫や水質改善、両岸の植樹などの改修プロジェクトが2011年に完了して、今では魚が生息できるようになっている。
  

[Tuoi Tre 12:35 05/04/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる