VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

航空機へのレーザー照射、タンソンニャット空港で続発

2021/05/07 13:29 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 ホーチミン市タンソンニャット国際空港では、離着陸する旅客機のコックピットにレーザー光線が照射される事件が続発している。

 直近では4月29日午前2時55分頃、カタールのドーハ発ホーチミン行きのカタール航空(Qatar Airways)QR8970便が、滑走路から約16km離れた高度1200mの地点で北側からレーザー照射を受けた。同空港では2020年12月からこれまでに8回のレーザー照射事件が起きている。

 交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)によると、離着陸の態勢に入った航空機のコックピットにレーザーを照射する行為は、パイロットが集中力を失い、一時的に目が見えなくなることがあるため、航空の安全にとって重大な脅威となっている。

 民間航空分野における違反の行政処分に関する政令第162号/2018/ND-CPは、離着陸や空港内を移動中の航空機に影響を及ぼすレーザー光線使用行為について、3000万~4000万VND(約14万3000~19万円)の罰金を科すと規定している。

 国家民間航空安全委員会とCAAVは、各地方の空港管理機関に対し、これまでに何度もレーザー照射の防止・阻止の対策を要請してきたが、実際には照射行為者の発見と処分は困難なのが現状だ。
  

[Tuoi Tre 16:03 29/04/2021,O]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる