VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

新型コロナ感染者の濃厚接触者が死亡 死因は末期肝がん

2021/05/12 03:39 JST更新

(C) zing
(C) zing
 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者(F1)として特定された西北部地方ホアビン省ホアビン市(TP. Hoa Binh)在住の男性が、隔離中の11日午前に死亡した。これについて、同市人民委員会のブイ・クアン・ディエップ主席は同日午後、男性の死因を末期肝がんと明らかにし、「新型コロナによる死者ではない」と発表した。

 男性は、新型コロナの集団感染(クラスター)が発生した第3中央がん病院(通称:K病院第3施設、ハノイ市タインチー郡タンチエウ村)で治療を受けており、F1として特定された後は、ホアビン市の集中隔離施設に隔離されていた。

 男性は隔離中に容体が急変。ホアビン市医療センターに救急搬送され、11日午前に死亡が確認された。

 死因は新型コロナではないことが確認されたが、F1として隔離中に死亡したため、遺体の収容・安置は保健省のガイダンスに従い実施し、新型コロナ感染者の遺体と同様に扱うことになっている。 

[Zing 12:56 11/5/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる