VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ホーチミンなど南部19省・市、首相指示第16号の社会的隔離措置を14日間延長

2021/07/31 21:56 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 首相は31日、南部を中心に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の市中感染が急拡大していることを受け、南部19省・市に適用している最も規制が厳しい首相指示第16号/CT-TTgに沿った社会的隔離措置を、8月2日から14日間延長することを決定した。

 また7月31日以降、社会的隔離措置が解除されるまで、当局が許可した場合を除いて市民・省民は自宅から外出してはならない。

 対象となる19省・市は、◇ホーチミン市、◇東南部地方ビンズオン省、◇同ドンナイ省、◇南部メコンデルタ地方カントー市、◇東南部地方ビンフオック省、◇同タイニン省、◇同バリア・ブンタウ省、◇南部メコンデルタ地方ティエンザン省、◇同ロンアン省、◇同ビンロン省、◇同ドンタップ省、◇同ベンチェ省、◇同ハウザン省、◇同アンザン省、◇同バクリエウ省、◇同ソクチャン省、◇同チャビン省、◇同カマウ省、◇同キエンザン省。

 これに先立つ7月19日午前0時より、既に同措置を適用していたホーチミン市、ビンズオン省、ドンナイ省に加え、他の南部16省・市でも首相指示第16号に沿った社会的隔離措置が適用されている。期間は14日間。

 なお、グエン・スアン・フック国家主席率いる中央代表団は30日午前、ホーチミン市当局との会合に臨み、新型コロナウイルス感染症対策について報告を受けた。

 同市人民委員会のグエン・タイン・フォン主席はこの席で、市内での社会的隔離措置の延長に加え、特に不要不急の外出が多い午前6時から午後6時までの時間帯に市民の監視・検査・処分を強化するなど、あらゆる対策を実施すると報告した。

 同市で新型コロナ患者の治療を行っている医療施設は38か所(計4万6000病床)ある。また、約1万2380が集中隔離、3万7800人が自宅隔離を受けている。

 またフック国家主席は、ホーチミン市に本拠を置く地場ナノゲン社(Nanogen)が開発するワクチン「ナノコバックス(Nanocovax)」について、保健省をはじめとする関連機関に対し、緊急使用に向けた準備を急ぐよう促した。ナノコバックスの第3期臨床試験は8月中旬に終了する見込みで、緊急使用許可を申請する予定だ。

 

[VnExpress 18:55 31/07/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる