VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ホーチミン:15日以降も厳しい社会的隔離措置を延長、グリーンカード導入時期は未定

2021/09/13 17:36 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 ホーチミン市人民委員会のズオン・アイン・ドゥック副主席は、12日夜に開かれたベトナム国営テレビ局(VTV)のニュースチャネル「VTV1」の会談で、ホーチミン市が15日以降も首相指示第16号/CT-TTgに沿った社会的隔離措置を適用することを明らかにした。

 一部の行政区では引き続き首相指示第16号/CT-TTgより厳しい「第16号+(プラス)」を適用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内第4波が制御されたカンゾー郡とクチ郡、7区では「第16号-(マイナス)」、または首相指示第16号より規制が緩く、首相指示第15号/CT-TTgより厳しい「第15号+(プラス)」を適用する形で対策を柔軟に調整する。

 移動許可証となる予定のアプリ上のワクチン接種証明書である「イエローカード」(1回接種完了証明書)と「グリーンカード」(2回接種完了証明書)については引き続き導入を検討中だが、導入時期はまだ決まっていない。

 これに関連し、ドゥック副主席は「誰もがスマートフォンを持っているわけではないため、市民全員の権利を保護するための方法を探っている」とコメントした。

 12日までに市民に780万回分の新型コロナウイルスワクチンを接種し、このうち130万人以上が2回の接種を完了した。2回接種済みの人々の大半は新型コロナ対策にあたる人々や、高齢者、基礎疾患を持つ人々などとなっている。

 同市共産党委員会のグエン・バン・ネン書記は11日午後に開かれた会合で、新型コロナ対策の緊急措置に関する政府決議第86号/NQ-CPの指示に沿って15日までに第4波を制御する目標を達成することは不可能だとして、政府に対し目標達成時期を9月末に延期するよう要請する構えを示した。

 なお、同市人民委員会のファン・バン・マイ主席は13日午後の記者会見で、9月末までを目途に9月15日以降も首相指示第16号に沿った社会的隔離措置を延長する方針を改めて明らかにした。 

[VnExpress 08:29 13/09/2021 / Tuoi Tre 21:49 12/09/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる