VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

フン・クアン・タイン元国防相が死去、15日に国葬

2021/09/14 15:35 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 2006年から2016年まで国防相を務めたフン・クアン・タイン大将が11日、病気のため自宅で死去した。72歳だった。

 タイン元国防相は、第9~11期共産党中央委員、第10~11期共産党政治局員、第11~13期国会議員を務めた。

 1967年にベトナム人民軍に入隊。翌1968年に共産党に入党した。1988年に第312師団の師団長に任命、当時のソ連への留学を経て、1991年に2回目の第312師団の師団長に任命された。2001年6月~2006年4月まで人民軍総参謀長 兼 国防次官を務めた。2006年4月に第10回共産党大会で党政治局員に選出。同年国防相に任命され、2016年4月に退任した。

 タイン氏はベトナム戦争中に交通事故に遭った際に、肺繊維症にかかっていることが分かった。その後病状は安定していた。2015年6月にフランスでがん健診を受けた際も、特に変化は認められなかったという。

 2015年10月の国会でタイン国防相(当時)は、国防や安全保障の状況などについて1時間をかけて報告し、「我々は自国を守るだけであり、他国を侵略したり攻撃したりすることは決してない。しかし国を守る実力は備えていなければならない」と述べた。

 なお、タイン元国防相の告別式は15日にハノイ市の国家葬儀場で執り行われる。 

[VnExpress 07:55 11/09/2021,O]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる