VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

国内航空会社、台湾周辺上空を迂回 中国の飛行禁止空域設定で

2022/08/04 17:33 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 中国当局が台湾周辺に飛行禁止空域を設定したことを受けて、国内航空会社は飛行ルートの変更を余儀なくされている。

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は4日から7日まで、ベトナムと日本、韓国、台湾、米国を結ぶ路線の計36便を迂回ルートで運航する。日本路線と韓国路線は、通常の台湾上空を通過するルートに代わり、中国内陸部の上空を通過するルートに変更し、飛行時間は10~15分増える。米国路線はフィリピン上空を通過するルートに変更し、飛行時間は約35分増える。台湾路線はルートを変更せず中国内陸部を通過するが、飛行禁止空域を避けて飛行する。

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、東北アジア路線の82便を迂回ルートで運航するほか、他の一部の便も影響を受けることになるという。

 これに先立つ2日、米国のナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問したことを受け、中国は反発。中国軍は高い警戒態勢に入り、「的を絞った一連の軍事行動」を開始する準備ができていると宣言し、3日から台湾周辺海域で軍事演習を実施する計画を発表した。これに伴い、中国当局は4日午前10時から7日午前10時まで台湾周辺の6か所に飛行禁止空域を設定している。 

[VnExpress 12:59 04/08/2022, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる