VIETJO - ベトナムニュース 印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ランチと昼寝…コンビニ商戦、カギは「お昼需要」の取り込み?

2022/09/17 10:48 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 正午、ヒエップさんはノートパソコンを閉じ、オフィスのそばにあるコンビニエンスストアに向かった。昼食と、昼寝のためだ。

 ヒエップさんは、7区フーミーフン新都市区の会社で働くようになるまでは、コンビニが、理想の昼休みの場所になるなど思ってもいなかった。「この付近だと、1kmほどバイクを走らせなければ、安くておいしいご飯屋さんはありませんから」と言うヒエップさん。彼の働く会社はオフィスビルの6階、コンビニまで5分。時短のため昼休みが始まる30分前にはコンビニのアプリで昼食を注文しておく。

 彼と同じような習慣を持つ人は多く、コロナ一過、暮らしが元に戻るようになったところで、その数は急増している。「コンビニなら、食べ物も安くて、涼しく座れるところもあって、清潔で、時間の節約になります」とヒエップさんは言う。

 1区、3区、フーニュアン区などのコンビニを眺めていると、最も混雑するのは11時~13時の時間帯。おおむね1店舗あたり300人以上の来客があり、50~100人程度が店内で飲食する。

 1区ディンティエンホアン(Dinh Tien Hoang)通りのコンビニ店員によると、2021年はコロナ禍の影響で客足はかなり減ったが、今年に入ってからお昼時の客足が昨年の2~3倍に伸びた。「昨年の店舗の売上は1日200万VND(約1万2200円)程度でしたが、この数か月は800万~1000万VND(約4万8800円~6万1000円)にまで伸びています」とこの店員は言う。

 1区マックディンチー(Mac Dinh Chi)通りのコンビニのマネージャーによると、売上は主に、11時30分~13時頃に立ち寄るオフィスワーカーと大学生によるものであり、ほとんどの客が、30分~1時間ほど店内に座る。「土日を除いていつも混雑しています。休む暇もないほどです。お客さんが多いので店員も5人に増やしています。普通は3人で回すのですが」とこのマネージャーは話した。

 来客対応のため、コンビニ店員たちは早くから準備をしている。「食べ物は十分に陳列して、店内で調理するものは食材を予め準備します。お客さんがドッとくるので、店員はお昼を食べる時間もなく、ようやく14時頃になって一息、ということも多いです」とファムゴックタック(Pham Ngoc Thach)通りのコンビニ店員が話した。

 商工省の統計によると、コンビニの数は近年急増しており、2021年時点でベトナムには3000店舗超が存在し、さらに勢いよく伸びている。 

[VnExpress, 06:29 09/09/2022, F]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる