VIETJO - ベトナムニュース 印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

大規模麻薬密輸ルートの女元締めを逮捕、90年代裏社会の「ゴッドマザー」の実姉

2022/11/23 06:01 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 公安省傘下の麻薬犯罪捜査警察局(C04)は22日、2018年5月に摘発された大規模な麻薬密輸密売ルートの元締めを逮捕したと発表した。

 逮捕されたのは、1990年代の北部の裏社会を牛耳っていた「ゴッドマザー」ことブー・ティ・ホアン・ズン(女、通称:ズンハー)の実の姉であるブー・ホアン・オアイン容疑者(女)だ。

 オアイン容疑者が率いる麻薬密輸密売ルートが摘発された当時、容疑者は海外に逃亡し、国際刑事警察機構(インターポール)によって国際指名手配された。逃亡中も引き続きルートを運営し、麻薬取引で悪名高い「ゴールデン・トライアングル(黄金の三角地帯)」(ミャンマー・ラオス・タイの3か国が国境を接する地域)からベトナム国内への麻薬の密輸・密売を指揮していた。

 麻薬は輸送会社や貿易会社を装ったペーパーカンパニーによってベトナム国内に密輸され、容疑者のルートのこれまでの取引量は1.6tにも達するとされる。

 C04は、在外の公安省代表機関と海外当局と協力し、これに先立つ9月にオアイン容疑者を逮捕した。同容疑者を含め、ルートのメンバーら合わせて28人が逮捕され捜査を受けている。同事件をめぐり、警察は引き続き裏付け捜査を進めている。

 なお、容疑者の実の妹であるズンハーは、南部の「ゴッドファーザー」だったチュオン・バン・カム元死刑囚(通称:ナムカム)と対立し、2000年にホーチミン市1区の路上でナムカムの手下によって暗殺された。これがきっかけとなり、警察はナムカムらが率いる犯罪グループの一掃に踏み切った。

 ホーチミン市人民裁判所は2003年、ベトナム史上最大の刑事事件となった同事件の裁判で、ナムカムを含む6人の被告に死刑判決を下し、ナムカムは2004年、銃殺刑に処された。同事件の被告人の数は156人にも達し、ベトナムの刑事事件で史上最多となっている。 

[VnExpress 13:31 22/11/2022 / Tuoi Tre 10:45 22/11/2022, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる