VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[特集]

新型コロナ感染の中国人男性、ベトナムでの治療の日々を語る

2020/02/09 05:18 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
(C) tuoitre
(C) tuoitre
 「最初の病院からチョーライ病院までの道は全て封鎖されました。チョーライ病院の先生方は迅速に行動してくれて、私たち親子を1つの部屋に隔離し、いくつかの検査を行いました……」。

 ベトナム国内で最初に確認された新型コロナウイルス感染者の1人である中国・湖北省武漢市出身の李自超=Li Zichaoさん(男性・28歳)は、ホーチミン市チョーライ病院での10日余りにわたる隔離・治療を経て、すっかり元気を取り戻した。

 保健省は1月28日に李さんが完治したことを発表。李さんは2月4日に退院したが、同じく新型コロナウイルスに感染した父親の李鼎=Li Dingさん(男性・66歳)は今もチョーライ病院に入院中だ。そんな李さんは2月5日、現地紙トゥオイチェー(Tuoi Tre)の記者とチョーライ病院で面会し、治療の日々について語った。

 李さんは医療製品を専門に扱う企業に勤めており、長期出張で4か月間にわたりベトナムに滞在していた。1月にベトナムでの仕事を終えて、ベトナムを訪れる両親と国内を旅行してから中国に帰り、旧正月を迎える予定だった。

 両親は1月13日に武漢市を出発しベトナムに到着。李さんは16日に南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市で両親と合流したが、父親に発熱などの症状が現れたため、観光を中断してホーチミン市に移動した。すると今度は李さんも発熱し、「ただごとではない」と病院に駆け込んだ。

 李さん親子が発熱しており、中国から来たことを知ると、チョーライ病院の医師らは迅速に2人を1つの部屋に隔離し、全身の検査、X線検査、血液検査、咽頭検査、ウイルス検査などを次々と行った。

 そのときの李さんは、まさか自分たちが新型コロナウイルスに感染しているなどと考えもしなかった。父親が武漢市を出発したのはまだ状況が比較的安定していたころで、ここまで感染が拡大するとは思いもよらなかったからだ。

 李さんはチョーライ病院で検査の結果を受け取ったときのことをこう振り返る。「当時、私たちが新型コロナウイルスに感染している可能性はとても低いと思っていました。でも検査の2日後に感染していることがわかったんです」。

 検査の結果に驚く以前にも、李さん親子は恐怖の時間を過ごしていた。それは、最初にいたビンチャイン郡の病院からチョーライ病院に移動するときだった。

 「道は全て封鎖され、完全防備の医療スタッフが住民に私たちに近寄らないよう呼び掛けていました。道中は何が何だかわからず、とても不安でした。そのときは『自分に一体何が起きているんだろう?』と感じていました」。

 李さん親子がチョーライ病院に到着すると、まず言葉の壁の問題があった。そこで李さんは、グーグル(Google)翻訳を使ってベトナム人の医師とコミュニケーションをとった。しばらくすると英語を話す医師が来て、ようやく直接の会話ができるようになった。

 その後、李さんは完治したが、父親はまだ別の部屋に隔離され治療を受けており、親子は毎日電話で連絡を取り合っている。一方、2人に同行していた母親は症状こそないものの、ホーチミン市11区の病院で経過観察中だ。

 李さんは「病院の先生方、看護師の皆さんは注意深く、親切に対応してくれて、私たちを励ましてくれました」と語る。

 李さんは入院中、インターネットで新型コロナウイルスに関する中国と世界の状況を確認していた。2月5日には死者が500人に迫り、李さんは故郷でウイルスと闘う人々の身を案じた。

 一方で、李さんはこうも語る。「ベトナムで治療を受けることができて幸運でした。武漢市は患者が多すぎて、病院も病床も不足しているからです。(武漢で感染していたら)大きなトラブルに直面していたでしょう。ここにいて、ここで治療を受けることができて、本当に幸運でした」。

 世界的に不安が高まる中、中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では、武漢市の住民が他の地域の人々から差別されたり、中国人が他の国の人々から差別されたりしたという情報も拡散された。

 こうした情報について李さんは、「皆はウイルスと闘うべきなのであり、武漢市の人、また中国人と闘うのではないということを伝えなければいけないと思っています」と打ち明けた。 

[Tuoi Tre 17:44 06/02/2020, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる