VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[特集]

レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作

2021/02/21 05:10 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
(C) vnexpress
(C) vnexpress
(C) doanhnghieptiepthi
(C) doanhnghieptiepthi
(C) doanhnghieptiepthi
(C) doanhnghieptiepthi
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛けたのは、ホーチミン市在住のフリーランスの3Dデザイナーであるフイン・カオ・ブー・カンさん(男性・31歳)だ。

 ファンページで紹介されたのは、豚の角煮と煮玉子(thit kho tau=ティットコータウ)、ちまき(banh chung=バインチュン、banh tet=バインテット)、ゴーヤの肉詰め(kho qua don thit)などで、レゴの「今週の創作(Build Of The Week)」に選ばれた。

 カンさんは4~5歳のころからレゴで遊んでいたが、18歳になって再び触れるようになり、本格的に創作を始めた。以来、様々なテーマの作品を生み出している。

 今回のテトの食事の作品は、カンさんが2019年12月に創作した「テトを祝う(An Tet)」というテーマの一部だ。

 カンさんは、たまたま目に入った濃いオレンジ色の丸いブロックが、見た目もサイズもアヒルの煮卵の断面に似ていたことからこのテーマを思いついたという。「以来、レゴでテトの伝統的な食事をたくさん作ってきました」とカンさん。

 アイデアを生み出し、下絵を描くことも難しいが、作品にぴったり合ったレゴのピースを探すことはもっと難しいことだった。

 中でもカンさんにとって最も難しかったパーツは、ホアマイ(hoa mai=黄色い花をつけるミッキーマウスの木)の枝だ。躍動感のある本物らしい枝を作るために適したピースを探す必要があった。

 カンさんは何日も考えた後、飛行機用の2種類のプロペラのパーツがぴったりだと思いついた。しかし、このパーツは古い商品である上に数も少ないため、なかなか手に入らなかった。カンさんはタイからドイツ、米国まで各国のレゴ販売店に問い合わせ、3~4か月待ってようやく「材料」を揃えることができた。

 「テトを祝う」は、合わせて約5000ピースのレゴを使い、1か月ほどかけて完成した。最初はカンさん自身が楽しむために作り始めたものだったが、今やベトナムの伝統的なテトを再現した作品として世界の人々に紹介され、海外在住のベトナム人にも故郷を思い出させる1つのきっかけとなった。

 今年のテトの最新作は、ホアマイの植木だ。高さ35cmの大作で、本物そっくりに仕上がった。前の年にホアマイの枝を作った経験のおかげで、今回はわずか2週間で完成した。

 ホアマイの植木に加え、カンさんは友人と協力して、ベトナムの文化を紹介・PRする目的で、「テトがくる(Tet Ve)」と題したテーマの作品も生み出した。これは、テト前のホーチミン市の一角や人々の様子をレゴで再現したもので、変電所の前で花や国旗が売り買いされるシーンを描いている。

 さらにカンさんは、「なじみのもの(Nhung Dieu Quen Thuoc)」というテーマで、列車の踏切や花売りのバイク、床屋など、日々の生活に馴染んだ街角の風景を再現する作品にも着手している。

 新型コロナ禍の今、カンさんにとってレゴの創作は娯楽の1つというだけでなく、他の人々に前向きな気持ちになってもらうためのツールでもある。「何にせよ、人生は楽しくなければいけませんから」とカンさんは語った。
  

[VnExpress 05:05 18/02/2021 / Doanh Nghiep & Tiep Thi 07:58 18/02/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる