VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[スポーツ]

越サッカー連盟、日本人技術統括が就任 元横浜FC監督の足達勇輔氏

2020/09/11 04:55 JST更新

(C) VFF
(C) VFF
 ベトナムサッカー連盟(VFF)はハノイ市にあるVFF事務所で9月9日、日本人サッカー指導者の足達勇輔氏(58歳)の新テクニカルダイレクター(TD)就任式を開催した。6月末に退任したドイツ人のハンス=ユルゲン・ゲーデ氏の後任として、主にベトナムの育成年代強化と指導者育成などを担当する。

 足達氏は神奈川県出身の58歳。1984年から1988年まで西ドイツに留学して、地元クラブでプレイしながらケルン体育大学でコーチング理論を学んだ。帰国後は、ベルマーレ平塚やセレッソ大阪の下部組織、JAPANサッカーカレッジで監督を務め、2005年に横浜FCの監督に就任。2012年から2014年まではAC長野パルセイロでスポーツダイレクターとして働いた。

 足達氏は2017年にアジアサッカー連盟(AFC)のエリートインストラクターとしてベトナムを訪れており、ベトナム人指導者を相手に講師を務めたほか、これ以前には、香港サッカー協会でも指導者育成に尽力。また、FIFAワールドカップでは、2002年大会と2006年大会でテクニカルスタディグループに参加した経験も持つ。

 足達氏は就任式の挨拶で「ベトナムで仕事出来ることになり、とてもうれしく思います。TDとして招いてくれたVFFには感謝しています。TDは重要なポジションであるため、オファーを受けるときは慎重に吟味しました。私がこれまでに培ってきた経験を活かして、ベトナムサッカーの発展に貢献したいと思います」と語った。

 また足達氏は今後の目標について、「まずはベトナムサッカーへの理解を深めること。指導者たちと会って情報交換することから始めます。幸いここには、ベトナムサッカーを熟知したパク・ハンソ監督(ベトナム代表)とフィリップ・トルシエ監督(U-19ベトナム代表)という優秀な指導者もいます。彼らと協力しながら、ベトナムサッカーの強化を図っていくつもりです」と述べた。

 なお、足達TDはベトナムサッカーのレベルついて、「個々の技術はありますが、現時点でヨーロッパと比べると不十分。しかし、勤勉な性格のため、大きく成長する可能性を秘めています。日本は30年かけてアジアのトップクラスになりました。ベトナムがいつそのようなレベルに達するかは分かりませんが、努力を続ければ遅かれ早かれ、その域に到達できるでしょう」と評した。

記事提供:ベトナムフットボールダイジェスト+
 

[2020年9月10日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる