VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[スポーツ]

Jリーグ、YoutubeでJ1公式戦を生配信 第20節からベトナム語・インドネシア語でも実況

2020/10/02 12:00 JST更新

(C) 川崎フロンターレ
(C) 川崎フロンターレ
 Jリーグは、海外戦略を積極的に推進する中で、Jリーグ公式インターナショナル版YouTube<https://www.youtube.com/c/JLEAGUEInternational>において、J1リーグを毎節1試合、生配信することを決定した。第20節からは、英語実況のフィードに加え、ベトナム語・インドネシア語実況のフィードを追加する予定となっている。

 10月3日(土)に行われるJ1第20節、ベトナム語実況付きで生配信される注目カードは、現在首位を独走する川崎フロンターレと2位セレッソ大阪の上位対決。どちらもベトナムでの活動に精力的なクラブとして知られている。

 川崎フロンターレは、2013年に東南部地方ビンズオン省にて、ベトナム1部ベカメックス・ビンズオンFCと親善試合を行ったことからベトナムでのサッカー交流活動を開始。2014年以降も両クラブは、日越両国の子供向けのサッカー教室や交流試合を企画。毎年、U-13ベトナム遠征を実施するなど、サッカーを通じた国際交流と若者支援を行ってきた。

Photo:川崎フロンターレ

 日越外交関係樹立45周年となった2018年には、両クラブの枠を越えて日越4チームずつが参加する「ベトナム日本国際ユースカップU-13」の国際大会に発展させ、2019年も開催。2020年はコロナ禍で日本からの海外遠征が難しい状況であり、日本からの参加チームはなしとなるものの、2020年も12月に第3回大会の開催を予定している。

Photo:川崎フロンターレ

 また、セレッソ大阪も東南アジアでの活動に積極的で、ベトナムでは過去に4回(ハノイ市2回、ホーチミン市2回)のオンラインによるファンミーティングを行っているほか、2015年には、国際親善試合「ヤンマーカップ2015」をハノイ市で開催して、セレッソ大阪がU-23ベトナム代表と対戦している。

 第20節の対象試合URL(ベトナム語・放映対象エリア:ベトナムのみ)<https://www.youtube.com/watch?v=ZiYHyzEVG64>

記事提供:ベトナムフットボールダイジェスト+
 

[2020年10月2日 ベトナムフットボールダイジェスト+]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる