VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[統計]

日本で難民認定申請のベトナム人3116人、国籍別2位に―前年比2.9倍

2018/03/27 06:58 JST更新

 法務省入国管理局が発表した2017年における難民認定者数に関する統計によると、同年に日本で難民認定申請を行ったベトナム人は3116人で、申請数全体の15.9%を占めてフィリピンの4895人に次いで2番目に多かった。2016年に日本で難民認定申請を行ったベトナム人は1072人で国籍別5位だったが、2017年は前年比でおよそ2.9倍に増加した。

 2017年における難民認定申請数は1万9629人で、前年に比べ+8728人(+80.1%)増加し、過去最多となった。申請者の国籍は82か国にわたり、◆フィリピン:4895人(前年比+246.7%増)、◆ベトナム:3116人(同+190.7%増)、◆スリランカ:2226人(同+137.3%増)、◆インドネシア:2038人(同+11.4%増)、◆ネパール:1451人(同+0.0%増)、◆トルコ:1195人(同+4.5%増)、◆ミャンマー:962人(同+48.0%増)、◆カンボジア:772人(同+142.8%増)、◆インド:601人(同+27.9%増)、◆パキスタン:469人(同+62.3%増)となっている。

 また、難民認定申請の処理数は1万1361人で、前年に比べ+3168人(約+39%)増加した。内訳は、◆認定者:19人、◆不認定者:9730人、◆申請を取り下げた者など:1612人。不認定者9730人のうちベトナム人が2291人で最も多かった。

 なお、難民認定手続の結果、日本での在留を認められた者は65人で、内訳は難民認定者が20人(エジプト、シリア、アフガニスタンなど)、難民と認定しなかったものの人道的な配慮を理由に在留を認められた者が45人(シリア、ミャンマー、イラク、コンゴなど)となっている。 

[2018年3月23日 法務省報道発表 S]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる