VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[統計]

日本のベトナム人不法残留者数8296人、国籍別3位に

2018/09/27 06:13 JST更新

 日本の法務省入国管理局が発表した2018年7月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は8296人で、2018年1月1日時点の6760人と比べて+22.7%(+1536人)増加し、過去最高となった。

 ベトナム人不法残留者の構成比は全体の12.0%で、国籍・地域別で韓国の1万2822人、中国の9459人に次いで第3位に立っている。ベトナム人不法残留者数は、2014年1月1日時点の1471人から5.6倍に増加している。

 不法残留者の総数は6万9346人で、2018年1月1日時点の6万6498人と比べて+4.3%(+2848人)増加した。不法残留者数は1993年5月1日時点の29万8646人から2014年1月1日時点まで減少が続いていたが、2015年1月1日時点から増加に転じた。

 ベトナム人不法残留者数を不法滞在になる前の在留資格別で見ると、8296人のうち短期滞在は492人に留まり、技能実習が4136人、留学が2434人と多数を占めている。また、特定活動が879人、日本人の配偶者等が11人、その他が344人だった。

 不法残留者の多い上位10か国・地域と人数は以下の通り。

◇韓国:1万2822人(2018年1月1日時点比▲0.4%減)
◇中国:9459人(同+0.7%増)
◇ベトナム:8296人(同+22.7%増)
◇タイ:6860人(同+1.4%増)
◇フィリピン:5282人(同+7.1%増)
◇台湾:3748人(同▲1.0%減)
◇インドネシア:2724人(同+31.2%増)
◇マレーシア:1819人(同+2.0%増)
◇シンガポール:1037人(同+0.3%増)
◇ブラジル:973人(同▲0.3%減)
◇その他:1万6326人(同+1.3%増) 

[2018年9月19日 法務省入国管理局プレスリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる