VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[統計]

日本の在留ベトナム人数33万0835人で過去最高、国籍別3位

2019/03/25 06:55 JST更新

イメージ写真
イメージ写真
 日本の法務省入国管理局が発表した2018年末時点における在留外国人数に関する統計によると、同時点の日本における在留ベトナム人数は33万0835人で、2017年末時点の26万2405人と比べて+26.1%(+6万8430人)増加し、過去最高となった。

 在留ベトナム人の構成比は全体の12.1%で、国籍・地域別で中国の76万4720人、韓国の44万9634人に次いで第3位に立っている。在留ベトナム人数は、2008年末の4万0524人から約8.2倍に増加している。

 在留外国人の総数は273万1093人で、2017年末時点の256万1848人と比べて+6.6%(+16万9245人)増加し、過去最高となった。このうち中長期在留者数が240万9677人、特別永住者数が32万1416人となっている。

 在留ベトナム人数を在留資格別で見ると、33万0835人のうち特別永住者が3人、中長期在留者が33万0832人だった。

 中長期在留者のうち、◇技能実習:16万4499人(前年末比+33.1%増)、◇留学:8万1009人(同+12.1%増)、◇技術・人文知識・国際業務:3万4752人(同+57.6%増)、◇永住者:1万6043人(同+7.6%増)、◇家族滞在:1万5301人(同+37.7%増)、◇定住者:5509人(同+1.1%増)、◇特定活動:4897人(同▲13.0%減)、◇日本人の配偶者等:3837人(同+21.3%増)、◇その他:4985人(同+16.9%増)となっている。

 在留外国人の多い上位10か国・地域と人数は以下の通り。

◇中国:76万4720人(前年末比+4.6%増)
◇韓国:44万9634人(同▲0.2%減)
◇ベトナム:33万0835人(同+26.1%増)
◇フィリピン:27万1289人(同+4.1%増)
◇ブラジル:20万1865人(同+5.5%増)
◇ネパール:8万8951人(同+11.1%増)
◇台湾:6万0684人(同+7.0%増)
◇米国:5万7500人(同+3.2%増)
◇インドネシア:5万6346人(同+12.7%増)
◇タイ:5万2323人(同+4.3%増)
◇その他:39万6946人(同+6.3%増) 

[2019年3月22日 法務省入国管理局プレスリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる