VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[統計]

2018年のベトナムの死刑執行85件、死刑判決122件

2019/04/18 16:09 JST更新

(C) アムネスティ・インターナショナル
(C) アムネスティ・インターナショナル
 国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルは、2018年における死刑判決と死刑執行に関する報告書を発表した。

 それによると、2018年におけるベトナムの死刑執行は少なくとも85件、新たに下された死刑判決は少なくとも122件だった。死刑囚数は少なくとも600人。

 ベトナムは死刑適用に関する数値を国家機密扱いとしているが、このデータは2018年11月にレ・タイン・ロン司法相が発表した情報に基づくものだという。

 2018年に死刑を執行した国の数は198か国中20か国で、2017年の23か国から減少した。上位5か国は、中国、イラン、サウジアラビア、ベトナム、イラク。

 全世界の死刑執行件数は690件以上で、前年比で▲31%減少し、過去10年で最少となった。ただし、死刑に関する情報を開示していない国の中でも執行件数が数千件とされる中国と北朝鮮はそれぞれ2件でカウントしている。

 また、全世界で新たに下された死刑判決件数は2531件以上。死刑囚の人数は1万9336人以上となっている。

 日本の死刑執行件数は15件で、新たに下された死刑判決件数は4件、死刑囚数は116人となっている。

 法律上・事実上の死刑廃止国数は142か国で、すべての犯罪に対して廃止しているのが106か国、通常犯罪のみ廃止しているのが8か国、事実上の廃止が28か国。

 ベトナムでは2011年7月に刑事法が改正され、死刑執行方法が銃殺刑から致死薬注射による薬殺刑に変更された。致死薬の調達ができず死刑執行は一時期滞ったが、2013年8月に国内で初めての薬殺刑が執行された。

 なお、改正刑事法2015年版では、8つの犯罪で死刑を廃止するほか、18歳未満の未成年や妊婦、36か月未満の子供を持つ産婦、75歳以上の高齢者には死刑を適用しないことなどを定めている。 

[2019年4月10日 アムネスティ・インターナショナル A]
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる