VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[統計]

7月ベトナムPMI、▲2.8Pの51.2 10か月連続で50上回る

2022/08/03 02:41 JST更新

(C) thoibaonganhang
(C) thoibaonganhang
 米国のS&Pグローバル(S&P Global)が先般発表した2022年6月のベトナムPMI(製造業購買担当者指数)は51.2で、前月の54から▲2.8ポイント低下した。

 ベトナムのPMIは、2021年4月に1年6か月ぶりの高値となる54.7を記録したが、同年6月には8か月ぶりに50を割り、以降4か月連続で50を下回り、10月に再び50以上を回復した。

 7月は新規受注が10か月連続で増加したが、増加率は4月以降で最も低くなった。新規輸出受注も増加が続き、伸び率は新規受注を上回った。これを受け、生産量が4か月連続で増加したが、伸び率が低い水準にとどまっていた。

 生産コストは増えており、増加率は2020年10月以降で最低だった。メーカー各社の販売価格も引き上げられているが、価格の上昇率は緩やかになった。

 サプライヤーの納期遅れの報告は2か月連続で減った。一方、雇用創出は4か月連続で増加した。受注残の業務量は前月と同じ。

 また、生産向け原材料の購買活動が引き続き増えているが、原料在庫が減少し、減少幅はこの1年で最も大きかった。完成品在庫も5か月連続で減った。

 メーカー各社は顧客需要の改善などに期待しており、今後12か月で生産量が増加すると予想している。

 

[S&P Global 01/08/2022, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる