VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[観光]

ベトナム航空、越僑シェフを初のアンバサダーに任命―機内食の質向上へ

2018/03/22 04:52 JST更新

(C) ベトナム航空
(C) ベトナム航空
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)はオーストラリアの首都キャンベラで14日、世界にベトナム文化と料理を広めることを目的として、ベトナム系オーストラリア人シェフのルーク・グエン氏を同社初のグローバル・キュイジーヌ・アンバサダーに任命した。

 これにより、グエン氏はアンバサダーとして2020年までの3年間にわたり、ベトナム航空の機内食の質を向上させるべく重要な役割を担う。具体的に、ビジネスクラスではベトナム各地の特色を生かした8つの料理を考案し、軽食やフィンガーフードを含めて本格的なベトナム料理を提供する。

 また年内に、グエン氏監修の約50のメニューが各路線で楽しめるようになる。さらに、今後は機内食だけにとどまらず、イベントを通して様々な国でベトナム料理のプロモーションを展開する予定。

 グエン氏は1978年生まれ。オーストラリアのテレビシリーズ出演で有名となり、セレブリティーシェフの仲間入りを果たした。料理への情熱と献身で、名誉ある「Food Hall of Fame」のメンバーに選ばれたほか、世界中で多くのレストランを経営し、7冊の料理本を出版している。

 ベトナム航空は、英国航空サービスリサーチ会社のスカイトラックス(Skytrax)による4つ星エアラインの認定を2年連続で獲得している。同社は今回のグローバル・キュイジーヌ・アンバサダーの任命により、顧客へのサービスを向上し、同社ブランドの地位を確立するとともに、今後は5つ星の認定を目指していく。 

[2018年3月20日 ベトナム航空日本支社プレスリリース S]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる