VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[社会]

ホーチミン:市内全域に社会的隔離措置適用、31日午前0時から

2021/05/30 15:21 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 ホーチミン市人民委員会は、市内で市中感染が急拡大していることを受け、5月31日午前0時より市内全域に社会的隔離措置を適用することを決定した。この措置は15日間にわたり適用される。

 このうち市中感染が深刻なゴーバップ区と12区タインロック街区は最も規制が厳しい首相指示第16号/CT-TTg、その他の地域は首相指示第16号/CT-TTgより規制が緩い首相指示第15号/CT-TTgに沿った社会的隔離措置を適用する。

 今回の社会的隔離措置は、公共の場に5人以上で集まらないことなど、通常の首相指示第15号よりも一部の規制が厳しくなっている(通常の規制では10人以上)。

 市内の商業施設や家電量販店、ホテル内のカジノなども休業する。スーパーマーケットは営業する。

 ゴーバップ区とタインロック街区については、31日午前0時から15日間にわたり封鎖措置を講じる。

 同市人民委員会はまた、公立高校1年生(10年生)の試験日程を、新たな通知が出るまで延期することも決定した。

 なお、保健省の発表によると、ホーチミン市では30日正午までに、4月27日以降の第4波で計108人の市中感染が確認されている。この大半は28日以降に相次いで感染者が確認されている、ゴーバップ区3街区グエンバンコン(Nguyen Van Cong)通り415/8/4番地に拠点を置くキリスト教福音団体「リバイバル・エクレシア・ミッション(Revival Ekklesia Mission)」関連の集団感染(クラスター)となっている。

 

[Tuoi Tre 12:07 30/05/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる