越産ナッツのヴィエットロータス、ホーチミン高島屋に期間限定で出店

2017/10/09 05:00 JST配信

 ベトナム産のカシューナッツとカカオの現地製造・輸出入・直販・卸を手掛けるヴィエットロータス(Viet Lotus、三重県三重郡菰野町)が、ホーチミン市1区にある高島屋のベトナム1号店B2階菓子売り場に10月20日(金)から11月9日(木)までの期間限定で出店する。

(C) ヴィエットロータス
(C) ヴィエットロータス
(C) ヴィエットロータス
(C) ヴィエットロータス 写真の拡大

 ヴィエットロータスにとって、今回が海外初出店となる。期間中は、観光客や駐在員、海外への帰省土産に向けたセット販売を重視する。カシューナッツについては、ベトナム産の良質なカシューナッツを焙煎と塩にこだわって加工した2種類のローストカシューナッツと、ベトナムの小売市場では出回っておらず日本でもビーガンスタイルに人気のスチームド(蒸し)カシューナッツの3種類の商品を展開する。

 またカカオは、トリニタリオ種のシングルオリジンにこだわり、カカオポットを開いてから豆の発酵、天日干し、焙煎、チョコレートに加工するまでの工程を1か所で行うBEAN to BARチョコレートを扱う。日本市場でも評判の3種のチョコレートのほか、カカオニブや渋皮剥きのローストカカオ豆を少量サイズで販売する。なお、各商品は2018年度より通販もスタートする。

 ヴィエットロータスは、現地の農園や加工場と直接契約し、ベトナム産のカシューナッツとカカオをジャパンクオリティーの商品に加工して、日本の百貨店や有名輸入食材店、ホテル、同業者、小売卸に販売するほか、直販も行っている。

 同社の中村恭子氏は、「ヴィエットロータスの販売理念として、カシューナッツとカカオの生育から収穫時期、加工方法までを説明し、ご試食いただいた上で栄養効果もお伝えしています。今回のベトナムでの販売も、理念に基づきジャパンクオリティーの加工、ジャパンクオリティーのおもてなし接客を心がけ、お客様のご来店を心待ちにしています」と語った。

Clip to Evernote
[2017年10月5日 ベトジョーニュース A]
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 2018-2019年度に設立25周年を記念するホーチミンインターナショナルスクール(Internat...
 日本のグループウェアシェアNo.1のサイボウズ株式会社は、2月19日(火)にハノイ市で、2月...
 英ブランドコンサルティング会社のブランド・ファイナンス社(Brand Finance)はこのほ...
 迷惑電話として一般的に不快な営業方法とされてきた「テレアポ」と呼ばれる電話営業だが、ベトナム...
 インドネシア系配車サービス「Go-Viet(ゴーベト)」は、21日から提携先の運転手に対して...
 ベルギー当局の要請を受けたフランス当局が、麻薬密売罪で指名手配されていたベトナム人女性を逮捕...
 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)はこのほど、南中部沿岸地方ダナン市に新たな事務所を開設した...
 米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)...
 ハノイテレコム(Hanoi Telecom)傘下ベトナモバイル(Vietnamobile)は、南部20省・市で...
 労働傷病兵社会省によると、2018年の雇用創出数は164万3000人で、年間計画を3.1%上回...
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、2月5日に旧暦1月1日
 IT人材の派遣・紹介を手掛けるCoingate株式会社(東京都中央区)は、地場ケンコージャパ...
 人材派遣・紹介やオフショア開発、海外ビジネスコンサルティングを手掛ける株式会社サンウェル(神...
 マレーシアを本拠地とする価格比較サイト運営の「アイプライス・インサイト(Iprice Insi...
 ホーチミン市10区人民委員会は18日、同区にあるホーティキー通り(Ho Thi Ky)で花屋(生...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)
上に戻る