JFEスチール、ベトナムの大学で鋼構造技術者育成カリキュラム開講

2021/02/19 02:35 JST配信

 JFEスチール株式会社(東京都千代田区)は、ベトナムの鋼構造技術者を育成し、現地の社会インフラの発展に貢献することを目的として、経済産業省が所管する民間技術協力機関である海外産業人材育成協会(AOTS)の補助金により、ベトナム土木工学専門国立大学(NUCE)とベトナム国家大学ホーチミン市工科大学(HCMUT)の2校で2016年度から2019年度までの4年間にわたり、鋼構造に関する寄付講座を実施してきた。このたび、同講座がNUCEの正式カリキュラムとして開講された。

(C) JFEスチール
(C) JFEスチール

 JFEスチールは2012年度より、NUCEとHCMUTとともに鋼構造に関する共同研究を進めており、短工期対応が可能であること、デザイン性の高さ、耐震性の高さなど、鋼構造の優位性をPRしてきた。

 2017年2月に開講した寄付講座では、各大学で毎年約30人の学生や大学講師を対象に30講義以上を実施し、4年間で延べ約300人が受講した。日本がベトナムで行っている政府開発援助(ODA)プロジェクトの紹介をはじめ、鋼構造建築物・鋼製橋梁の設計技術や要素技術の紹介・演習、JFEスチールがベトナムで出資する企業の工場見学会などを実施。講座終了後には、各大学から大学講師を日本に招き、継続的な講座開設に向けた講師育成も図ってきた。

 2020年度からは、NUCEで寄付講座の内容を組みこんだ講義が正式カリキュラムとして開講されることとなった。この講義は、寄付講座を通じて育成された若手教員によって運営され、毎年150人ほどの履修者が見込まれている。

 HCMUTでも同様に寄付講座の正式カリキュラム化を推進しており、関係機関の承認が得られ次第、新たな講義が開講される予定。

Clip to Evernote
[2021年2月17日 JFEスチール株式会社ニュースリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 年2回主要なベトナム大手企業の業績・情報を更新する「2021年度下半期版 ベトナム上場企業 T...
 新型コロナウイルスワクチンの共同調達に関する国際的な枠組みである「コバックス・ファシリティ(C...
 第54回ASEAN外相会議(AMM-54)が2日、オンライン形式で開催され、ASEAN加盟10か国の外...
 卸売業者で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター(集団感染)が発生したこと...
 ベトナム国家銀行(中央銀行)傘下のベトナム国家決済社(NAPAS)はこのほど、決済サービス料...
 国内最大手の格安航空会社ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)の2021年4
 ホーチミン市では7月26日以降、配達・宅配サービスについて、1つの区・郡またはトゥードゥック...
 新型コロナの国内第4波の感染が広がっているホーチミン市はこのほど、ワクチン接種の加速を目指し...
 掲示板監視・投稿監視等のアウトソーシングサービスを手掛けるイー・ガーディアン株式会社(東京都...
 保健省の3日午前の発表によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者は前日...
 保健省は2日朝、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として各自治体が独自の判断で...
 ホーチミン市疾病管制センター(HCDC)によると、7月31日の時点で保健省からホーチミン市に...
 ベトナム政府はこのほど、電気料金値下げ案に関する政府決議第83号/NQ-CPを公布した。値下...
 ハノイ市のドンドー私立大学(Dong Do University)が違法に学生を募集し、多数の大学卒...
 統計総局(GSO)が発表したデータによると、2021年1~7月期に全国で新規設立された企業は...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited