三菱電機、ベトナムでFA機器の合弁会社を設立

2024/05/24 15:32 JST配信
  • 冨士ベークライトベトナムの持分80%取得
  • 「三菱電機FPオートメーションベトナム」
  • FA機器の需要拡大に向けた生産体制を強化

 三菱電機株式会社(東京都千代田区)は、ASEAN向けFA機器の生産体制を強化するため、冨士ベークライト株式会社(岡山県小田郡)との間で、冨士ベークライトの子会社である冨士ベークライトベトナム(Fuji Bakelite Vietnam、北部紅河デルタ地方フンイエン省)の持分80%の取得に関する契約を締結した。

(C) 三菱電機
(C) 三菱電機

 これに伴い、新社名を「三菱電機FPオートメーションベトナム(Mitsubishi Electric FP Automation Vietnam)」とし、6月1日から合弁会社として事業を開始する。持分比率は三菱電機が80%、冨士ベークライトが20%となる。

 冨士ベークライトベトナムは、2014年に操業を開始し、三菱電機福山製作所(広島県福山市)の製造委託先として小形低圧遮断器の製造を担っており、ベトナムにおける製造・品質管理ノウハウに加え、現地の熟練技術者などの人材を豊富に抱えている。

 冨士ベークライトベトナムを母体とする新合弁会社では、ASEANにおける低圧遮断器の需要拡大に対応すべく、小形低圧遮断器に加え2025年1月から新たに気中遮断器の製造を開始する予定。

 三菱電機はこれまで、主に日本国内で製造したFA機器をASEANへ輸出し、事業を拡大してきた。ASEANでは、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシアを筆頭に各国が力強い経済成長を続けており、今後もFA機器の需要拡大が見込まれる。

 今回、ベトナムに新たな合弁会社を設立することで、ASEAN向けの低圧遮断器の生産体制を構築する。将来的には合弁会社でFA機器の需要拡大に向けた生産体制を強化し、ASEAN諸国への製品供給力を高めることで、FAシステム事業の更なる拡大を図る。

[2024年5月24日 三菱電機株式会社ニュースリリース A]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 三菱電機株式会社(東京都千代田区)は、ファクトリーオートメーション(FA)製品のサービス体制を強化...
 三菱電機株式会社(東京都千代田区)は14日、ホーチミン市に総合販売会社「Mitsubishi Electric Vietnam ...

新着ニュース一覧

 UEFA EURO2024(ユーロ2024)が6月14日にドイツで開幕して、連日グループステージの熱戦が繰り広げられて...
 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、スタートアップなどとのオープンイノベーションを進めるベトナム大企業...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 ベトナム芸術協会が主催する「第1回ベトナム広告アート展2024」が、ハノイ市ホアンキエム区のゴークエ...
 南部メコンデルタ地方ビンロン省チャーオン郡に暮らすグエン・トゥイ・チャンさん(女性・22歳)は、力強...
 ベトナム共産党中央監査委員会は12日から14日にかけて開いた会合で、ハノイ市共産党委員会のディン・テ...
 ベトナムのグエン・フー・チョン書記長とトー・ラム国家主席は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領...
 ヘルスケアプラットフォームの運営を手掛けるマーソ株式会社(東京都港区)は、事業成長へ向けたエンジニ...
 チャン・ホン・ハー副首相は13日、「2045年を視野に入れた2021年~2030年の観光開発計画」を承認する決...
 市場調査レポートオーシャン(Report Ocean)によると、ベトナムのレンタカー市場の規模は2024年から2032...
 ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)は14日、東北部地方ランソン省でVSIPランソンの起工式を開催した...
 情報通信省傘下の通信郵便技術学院(PTIT)はこのほど、地場系コングロマリット(複合企業)
 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、「リタイア後...
 外国人観光客がベトナムを訪れた際に、よくお世話になる配車アプリ。少しハードルが高いかもしれないが...
 グローバルマーケティング事業を展開しているアウンコンサルティング株式会社(東京都千代田区)はこのほ...
トップページに戻る