余命6か月宣言の末期肺がん患者、20年近く経っても元気はつらつ

2022/12/01 06:36 JST配信

 ハノイ市に住むチャン・ティ・ルアさん(女性)は20年近く前の55歳の時、肋骨まで転移した末期の肺がんと診断され、医師から「余命6か月」の宣言を受けた。しかし、74歳になった今もぴんぴんしており、子供らの家事を手伝っている。

(C)vnexpress
(C)vnexpress

 がんが見つかった年、彼女は突然の呼吸困難に襲われ、検査のためにタインニャン病院(ハノイ市)に運ばれた。検査の結果、肺にアヒルの卵ほどの大きさの腫瘍があることが確認されたが、医師はそれを良性腫瘍と診断し、薬を処方しただけだった。

 数か月後、再検査を受けたところ、肺の腫瘍が大きくなっていたため、タインニャン病院は中央肺病院(ハノイ市)と協力して生体検査(細胞診)を行った。すると、ルアさんはステージ4の肺がんを患っていることが発覚。放射線と投薬による治療を受けたが、衰弱していく一方だった。

 ルアさんの家族はそれでも諦めず、ベトドク(越独)友好病院(ハノイ市)に手術を依頼。これに対し、医師は「腫瘍が肋骨に転移しており、あとは死を待つだけの状態だ。手術を受けなければ、6か月は家族と一緒に最後の時間を過ごすことができる」と言い、手術を勧めなかった。

 いつまでもふさぎ込んでいても仕方ないと思った彼女は退院後、楽観的思考を心掛けて幸運を祈り、体にいいとされる漢方薬やパパイヤ茶を積極的に摂取し、心配する家族を逆に励ます存在になろうと決意した。

 ルアさんは約4年間、漢方薬とパパイヤ茶を飲み続けた。腫瘍が消えることはなかったが、体調は発症前並みに回復したため、漢方薬とパパイヤ茶を飲むのをやめた。以降は薬や機能性食品を一切使用していないが、もう16年近く普通に生活している。

 ルアさんが、がんと診断された時に未婚だった子供2人は今、いずれも出世し、結婚してそれぞれの家庭を築いており、子供も設けている。「結婚など子供の人生の重要なイベントに立ち会いたいと思い、それが生きる気力となりました。病を克服するには楽観的な気持ちが大切です」と語るルアさん。

 そんな彼女は先日、可愛い孫たちに囲まれて74歳の誕生日を迎えた。なお、統計総局(GSO)によると、2021年時点のベトナム人の平均寿命は74歳となっている。

Clip to Evernote
タイトルとURLをコピー
[VnExpress 05:00 27/11/2022 U]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved 免責事項

新着ニュース一覧

 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する28日の発表によると、国内で感染者18人が新たに確...
 財政省傘下のベトナムコンピュータ宝くじ社(ベトロト=Vietlott)が運営する、数字選択式宝くじ。最も高...
 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(Tripadvisor)」は、「トラベラーズチョイス ベ...
 VIETJOベトナムニュースが2022年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介しま...
 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(Tripadvisor)」は、「トラベラーズチョイス ベ...
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する27日の発表によると、国内で感染者12人が新たに確...
 シンガポール系調査会社モメンタム・ワークス(Momentum Works)はこのほど、2022年における東南アジアの...
 レンズ専業メーカーの株式会社タムロン(埼玉県さいたま市)は、ベトナム北部紅河デルタ地方フンイエン省...
 車載アンテナ大手の株式会社ヨコオ(東京都千代田区)はこのほど、ベトナム北部紅河デルタ地方フンイエン...
 阪急阪神不動産株式会社(大阪市北区)と株式会社シーアールイー(東京都港区)は、シンガポールの Sembcor...
 財政省傘下の税務総局によると、2022年における個人所得税の徴収額は前年比+27%増の166兆7330億VND(約...
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、公式ウェブサイトでプロモーショ
 ベトナム縫製協会(VITAS)とベトナム皮革・履物協会(LEFASO)によると、2022年における繊維・縫製業界と...
 総合食品卸売業の加藤産業株式会社(兵庫県西宮市)は、ベトナムの食品卸売会社であるナムカイフー・サー...
トップページに戻る