イオン、トゥアティエン・フエ省とショッピングモール開発に関する覚書締結

2021/03/01 16:15 JST配信

 イオンモール株式会社(千葉県千葉市)は26日、北中部地方トゥアティエン・フエ省との間で、「トゥアティエン・フエ省におけるショッピングモール開発に関する投資及び事業推進に関する包括的覚書」を締結した。

(C) イオンモール
(C) イオンモール

 ベトナム北中部に位置する同省は、3世紀にわたり3つの王朝の首都が置かれ、特にベトナム最後の王朝である阮王朝(グエン朝:1802~1945)が隆盛した歴史ある都市。近年は、観光をはじめ、ITやハイテクなど外資企業の誘致も進めるなど、今後も経済発展が期待できるエリア。

 イオンモールは、ベトナム第3経済圏である中部エリアを、現在展開する南部エリア(ホーチミン市、東南部地方ビンズオン省)、北部エリア(ハノイ市、紅河デルタ地方ハイフォン市)に次ぐ重点エリアと位置付けている。更なる事業拡大を目指し、同プロジェクトを加速化させることにより、20モール体制構築に向けた事業基盤の確立を目指していく。

 包括的覚書の概要

+トゥアティエン・フエ省とイオンモールは、同省でのショッピングモール開発に向けた相互協力を強化し、大規模プロジェクトへの投資を通じ、日本の質の高いサービスと商品により、地域の皆さまの生活向上に貢献する。

+トゥアティエン・フエ省は、今後のショッピングモール開発に向けた関連行政手続き、許認可手続きについて、イオンモールを全面サポートする。また、施設開発の促進のため、調査検討に必要な情報提供を行う。

+地域資源の開発のため、地元サプライヤーを支援し、商品の品質と価値を向上させ、トゥアティエン・フエ省の優れた製品の日本への輸出に貢献する。また、地域の労働力を優先的に活用する。

Clip to Evernote
[2021年2月26日イオンモール株式会社ニュースリリース U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 年2回主要なベトナム大手企業の業績・情報を更新する「2021年度下半期版 ベトナム上場企業 T...
 新型コロナウイルスワクチンの共同調達に関する国際的な枠組みである「コバックス・ファシリティ(C...
 第54回ASEAN外相会議(AMM-54)が2日、オンライン形式で開催され、ASEAN加盟10か国の外...
 卸売業者で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター(集団感染)が発生したこと...
 ベトナム国家銀行(中央銀行)傘下のベトナム国家決済社(NAPAS)はこのほど、決済サービス料...
 国内最大手の格安航空会社ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)の2021年4
 ホーチミン市では7月26日以降、配達・宅配サービスについて、1つの区・郡またはトゥードゥック...
 新型コロナの国内第4波の感染が広がっているホーチミン市はこのほど、ワクチン接種の加速を目指し...
 掲示板監視・投稿監視等のアウトソーシングサービスを手掛けるイー・ガーディアン株式会社(東京都...
 保健省の3日午前の発表によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者は前日...
 保健省は2日朝、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として各自治体が独自の判断で...
 ホーチミン市疾病管制センター(HCDC)によると、7月31日の時点で保健省からホーチミン市に...
 ベトナム政府はこのほど、電気料金値下げ案に関する政府決議第83号/NQ-CPを公布した。値下...
 ハノイ市のドンドー私立大学(Dong Do University)が違法に学生を募集し、多数の大学卒...
 統計総局(GSO)が発表したデータによると、2021年1~7月期に全国で新規設立された企業は...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited