ハノイ:客が喫茶店の警備員を暴行、不吉な番号の駐車券を渡されたのが原因

2024/02/29 13:44 JST配信
  • 49番の駐車券を渡された男性客が激高
  • 喫茶店の警備員を椅子で殴るなど暴行
  • 店主が証拠映像提出、警察が調査開始

 ハノイ市ドンダー区カムティエン街区にある喫茶店で、駐輪場で不吉な番号の駐車券を渡されたことに腹を立てた男性客が、高齢の警備員を暴行するという事件が発生した。

(C)Znews
(C)Znews

 喫茶店の店主が通報。警察は店主から事情を訊いた後、暴行を働いたとされる男性にも詳しい事情を訊くため召喚することを決めた。店主によると、27日午前10時30分頃、家族連れと見られる客(男性1人、女性1人、子供1人)がバイクで来店。警備員のX氏が駐車券を渡すと、男性は番号が「49番」で不吉だとして駐車券の受け取りを拒否した。その後、女性が駐車券を受け取って店内に入っていった。

 しばらくすると、この家族連れの客が店から出て、バイクを取りにきた。男性は警備員のところに来ると、「不吉な番号の駐車券は全部処分しろ」と話した。これを聞いたX氏は、「印刷された駐車券を渡しただけだ」と返答。すると、この男性は激怒してX氏の頭を椅子で殴るなど暴行。帰り際には、「仕事を辞めなければ、次は殺してやる」と捨て台詞を吐いた。

 店主は「突然の出来事だったため、スタッフも止めに入るだけの時間がなかった」と説明。病院で検査した結果、X氏は大した怪我ではなかったが、店主は監視カメラの映像などの証拠を集めて事件について警察に届け出た。店主は「店ではどんな暴力行為も許されない。法律に基づいて、きっちり解決したい」と話した。

タイトルとURLをコピー
[Znews 06:28 28/2/2024 U]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

新着ニュース一覧

 司法省は23日、2024年土地法(改正土地法)の第252条を改正・補足する国会決議草案を受領したと発表した...
 ハノイ市人民委員会は、家屋などの識別番号を利用した火災警報アプリを試験導入する計画を発表した。 ...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 スーパーマーケット事業を手掛ける株式会社ヤオコー(埼玉県川越市)は、 今後の成長戦略の布石として地...
 他に人のいない家の中で、タオ・バン・ポーさん(男性・36歳)が子供をあやして泣き止ませようとしている...
 英スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)はこのほど発表したベトナムのマクロ経済に...
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社
 ベトナムを代表する情報技術(IT)最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation
 西北部地方イエンバイ省イエンビン郡(huyen Yen Binh)にあるイエンバイセメン
 栃木県は、ハノイ市に「とちぎベトナムサポートハブ(とちぎハブ)」を開設し、24日より活動を開始した。...
 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)グループの日本法人F
 金属プレス加工や部品組み立てなどを手掛ける河政工業株式会社(東京都葛飾区)は、北部紅河デルタ地方バ...
 国会常務委員会は20日、第15期(2021年~2026年任期)国会の第7回会議の会期を5月20日から6月8日までと6...
 台湾の大手自転車製造メーカーのジャイアント(Giant)は22日、ベトナム事業拡大を目的に、1億2000万USD(...
 MIRARTHホールディングス株式会社(東京都千代田区)のグループ会社である株式会社タカラレーベン(東京都...
トップページに戻る