日本とベトナム、往来制限の緩和で一致 段階的に

2020/06/19 15:09 JST配信

 日本の外務省によると、日本とベトナムは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防止対策として実施している出入国の制限について、部分的・段階的に緩和していくことで一致した。

イメージ写真
イメージ写真

 6月1日の日・ベトナム外相電話会談で、両外相が適切な感染症対策をとりつつ、必要な人材の往来を再開する可能性について協議を進めていくことで一致したことを受け、両国間で協議を行ってきた。

 両国は、新型コロナウイルス感染症防止対策を実施すると同時に、両国のあらゆる分野における広範な戦略的パートナーシップを引き続き強化していくことの重要性について認識を共有した。

 さらに、自国の新型コロナウイルス感染症防止対策に関する規制の十分な厳守を確保した上で、今後、両国間の往来に対する制限を部分的・段階的に緩和していく。具体的な措置や手続きは、両国間の外交ルートを通じて調整する。

 これに先立ち、日本政府は18日、「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置」を発表した。一般の国際的な往来とは別に、ビジネス上必要な人材などの出入国について例外的な枠を設置する。現行の水際措置を維持した上で、追加的な防疫措置を条件とする仕組みを試行する。各国・地域と協議・調整の上、準備が整い次第、順次実施する。

 日本は、感染状況が落ち着いている入国拒否対象地域を対象国として協議・調整を開始するとし、当面の対象国をベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4か国とした。日本国内外の感染状況などを総合的に勘案し、協議が整い次第、対象国・地域を拡大していく。まずはビジネス上必要な人材など(経営・管理、技術者、技能実習・特定技能など)を対象者とし、対象国ごとに調整する方針。

 日本人の出国については、相手国の要請次第で、出国前のPCR検査証明などにより、相手国への入国や行動範囲を限定したビジネス活動の許容を協議する。

Clip to Evernote
タイトルとURLをコピー
[2020年6月19日 外務省報道発表 A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項

新着ニュース一覧

 Webセミナー参加申込はこちら  電子サインセミナー第2弾!富士フイルムビジネスイノベ...
 2020年2月に週刊ベッター編集部から刊行された、製造関連企業向け「調達ガイドブック」と「調...
 交通運輸省は11月30日、12月1日以降の国内線の増便を決定した。中でもハノイ市、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン...
 ホーチミン市人民委員会は1日、市内の小中学校・高校の対面授業を再開すると発表した。  計画によると、市内の小...
 ブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」を開発したベトナムのスタートアップ企...
 香港の市場調査会社カウンターポイント・リサーチ(Counterpoint Research)が発表した2021年7~9月におけるベトナム国...
 在ベトナムの米国商工会議所(AmCham Vietnam)が先般発表した調査結果によると、米国企業の80%近くがベトナムの中長期...
 双日株式会社(東京都千代田区)はこのほど、国内最大の乳業企業ビナミルク[VNM
 外貨取扱業務に強みを持つ中堅銀行マリタイムバンク[MSB](Maritime Bank)
 東南アジア金融投資貿易協力研究所(SEAFIT)は28日、ベトナム4.0企業協会を設立すると発表した。  ベトナム4.0企業...
 統計総局(GSO)の発表によると、11月の外国人訪問者数(推定値)は前月比+42.4%増の1万5030人で、前年同月比で▲15.2%減...
 統計総局(GSO)の発表によると、11月の小売売上高(推定値)は前月比で+6.2%増、前年同月比では▲12.2%減の397兆0700億V...
 統計総局(GSO)の発表によると、11月の鉱工業生産指数(IIP)の伸び率(推定値)は前月比で+5.5%増、前年同月比では+5.6%...
 ハノイ市党委書記の#nolinkディン・ティエン・ズン氏は29日午後、党常任委員会が学生の対面授業再開について検討し意...
 スイス系総合人財サービス企業アデコグループ(Adecco)のベトナム現地法人、アデコベトナム(Adecco Vietnam)が先般実施...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited